2019年 8月 26日 (月)

「キンドル」ようやく日本発売決定 「予約した」という人も続出

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Amazon(アマゾン)の電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」が、ついに日本でも発売される。2012年10月24日、Amazonのサイトで発表された。

   「近日中に販売開始」と言われてから約4か月、インターネット上では「やっと来たか!」との声が上がっている。

Paperwhiteは11月、Fireは12月発売

Amazon.co.jpトップページ
Amazon.co.jpトップページ

   今回発売されるのは、最新の電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」(8480円)、3G接続できる「Kindle Paperwhite 3G」(1万2980円)、7インチタブレット端末「Kindle Fire」(1万2800円)、HDディスプレーを搭載した「Kindle Fire HD」(1万5800円~)の4種類だ。

   発売予定日はKindle Paperwhiteが12年11月19日で、Kindle Fireが12年12月19日。いずれの端末も現在予約を受け付けている。電子書籍を販売する「Kindleストア」は10月25日にオープンする。

   10月24日付の朝日新聞夕刊では、米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOのインタビューを掲載している。ベゾス氏は「米国でキンドルを購入した人の読書量は購入前の4倍になった。アマゾンは本の文化に貢献している」「あらゆる言語、あらゆる時代の書籍を電子化して60秒で消費者に届けたい」と、日本でのKindle発売に意気込む様子を見せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中