「SMAP」草なぎ剛が韓国の番組で「国際的侮辱」を受ける 猿マネ芸人の事務所が「軽率なギャグだった」と謝罪

印刷

   アイドルグループ「SMAP」の草なぎ剛さん(38)が韓国のテレビ番組で、「国際的な侮辱を受けた」などと韓国内で騒動になっているという。

   韓国では日本人を最も侮辱する行為の一つに「猿マネ」をする、というのがあるらしく、番組で韓国のタレントが猿のマネを披露して、猿のように変形させた顔を草なぎさんに突きつけた。草なぎさんは何が起きているのか分からずに呆然となり、出演者や番組観覧者のいるスタジオが大爆笑に包まれた。

草なぎのポカン顔でスタジオは大爆笑に包まれた

「SMAP」の草なぎ剛さん(画像はイメージ)
「SMAP」の草なぎ剛さん(画像はイメージ)

   韓国人が日本人を侮辱する猿マネは2011年1月5日に開催されたサッカーアジア杯準決勝の日韓戦でも起きていて、韓国代表のキ・ソンヨン選手がゴールを決めた後にカメラの前に駆け寄り、左手で顔をかくしぐさ「猿セレモニー」をしたとして韓国内で大騒ぎになった。

   草なぎさんが出演した番組は13年2月7日放送のMBC「膝打ち導師」というトークバラエティー。草なぎさんと番組司会者が会話をしている最中に、画面後方に設置された出入り口のようなところからいきなり、同番組レギュラーのお笑い芸人ユ・セユンさんがゴリラかヒヒを連想させる動きで現れ、猿のような顔を草なぎさんの前に突きつけた。草なぎさんがポカン顔をするとスタジオは大爆笑に。

   ユさんは「こんにちは」という挨拶の変わりにギャグを披露したが伝わらなかった、と言い訳をした後、今度は草なぎさんに何かギャグをやってくれとリクエストした。草なぎさんは笑顔で快諾し、立ち上がるとビートたけしさんのギャグ「コマネチ」を披露。そして、ユさんや司会者など出演者全員で「コマネチ」をやって大いに盛り上がった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中