2019年 8月 20日 (火)

野口五郎発案のスマホサービスが大反響 「実にスマートなアイデア」と驚きの声

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   1970年代に男性アイドルの「新御三家」としてブレイクした歌手の野口五郎さん(57)が、ライブ映像を持ち帰れるスマートフォン向けサービスを発案して話題になっている。

   「私鉄沿線」などの大ヒットで知られる野口五郎さんは、現在も地道にライブ活動をしている。ゴロー(56)の年を迎えた2012年には、9年ぶりに新曲もリリースして、ファンらから注目を集めた。

ライブ映像を持ち帰れる「テイクアウトライブ」

帰り道もライブ満喫!?
帰り道もライブ満喫!?

   そして、今度は、ビジネスにつながるファンへのサービスを生み出した。ライブなどの後すぐにスマホでその映像を視聴できる、その名も「テイクアウトライブ」だ。

   サービスを手がけるソフト開発会社「フォネックス・コミュニケーションズ」によると、来場者にQRコードを印刷したカードなどを配り、来場者がスマホでそのコードを読み取ると、ライブ映像などがスマホ画面で楽しめる仕組みだ。映像は、主催者がライブを撮って編集したものになる。一度読み取ると、ほかのスマホでは読み取れなくなるが、だれかにプレゼントすることも可能だ。

   東京・渋谷で12年10月14日にあった五郎さんのコンサートで、テスト配布をし、13年2月10日に本格サービスを始めた。この日の男性4人組バンド「TRIPLANE」のコンサートでは、複数のカメラで撮って編集し、メンバーの汗も間近で見られるような迫力ある映像に仕上がったそうだ。

   この情報が28日に一部で報じられると、ネット上では、次々に驚きの声が上がった。記事には、はてなブックマークが300ほども付いており、そのコメントでは、「実にスマートなアイディアだ」「さすが五郎」と賞賛の声が出た。「帰り道はもちろん私鉄沿線!」と、ヒット曲をもじった評もあったほどだ。

   ところで、歌手の五郎さんが、なぜわざわざこんなサービスを考えたのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中