東京、2日続けての「真夏日」31度超 過去138年間に例なし

印刷

   2013年10月12日、日本列島は全国的に晴れ模様となり、関東から九州までの広い地域で25度以上の暑さを記録した。気象庁によれば東京都心でも、13時に31.3度を記録、11日に続く2日連続の「真夏日」に。この時期に気温が30度を超えることは、観測が始まった明治8年(1875年)以来138年間例がなく、観測史上最も遅い真夏日となった。13日以降は気温は下がる見込み。気象庁は体調管理に注意するよう呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中