2021年 9月 21日 (火)

ソチ五輪、ツイート数世界一は浅田真央 ファンから「金より価値のある演技」の声

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ソチ冬季オリンピックが開催された2014年2月6日からの18日間は「ツイッター」も大きな盛り上がりを見せた。期間にツイート数は4000万を超えたが、全世界で最も話題になった選手はフィギュアスケートの浅田真央(23)だった。

   浅田は2月13日のショートプログラムで失敗し、16位に沈んだため、世界の有名フィギュア選手が励まそうと「#GoMao」「#MaoFight」のハッシュタグで次々に「限界に挑戦する真央をとても尊敬している」といった応援コメントを寄せた。それがツイート数を急上昇させるきっかけになったのだという。

「#GoMao」「#MaoFight」2つのハッシュタグで急上昇

ツイート数では金メダル(2月25日撮影)
ツイート数では金メダル(2月25日撮影)

   ツイッター社が14年2月25日に発表した「ソチ五輪を振り返って(Twitterでの声援)」によれば、ソチ五輪が開催された18日間の累計で一番ツイート数が多く、世界で最も話題になったのは 浅田だった。2位は同じくフィギュアスケートで韓国のキム・ヨナ、3位はアメリカのアイスホッケー、 T.J.オシーだった。6位にフィギュアスケートの鈴木明子が入っている。また、ソチ五輪に関するツイートの盛り上がりを表すTPMランキング(1分間当たりのツイート数)の3位に、フィギュア男子の羽生結弦(19)が金メダルを獲得した瞬間がランクインした。

   浅田はどうして世界で最も話題になったのか。ツイッター社は原因の一つとして、今回のオリンピックにも出場したウズベキスタンの男子フィギュアスケート、ミーシャ・ジー(22)のツイートを紹介している。ミーシャは女子ショートプログラム終了後、浅田が悲しいスタートになってしまったが、諦めず次のフリープログラムで頑張れるようにサポートしようという願いを込め、

「誰もが真央ちゃんをサポートできるようにパイプを作った。応援メッセージを送ってください」

と書き、「#GoMao」「#MaoFight」という2つのハッシュタグを置いた。

   これに賛同した世界中の有名スケーターやファンたちが応援メッセージを送ったため、浅田へのツイートが大量に出回ることになった。このハッシュタグにはアメリカのジェレミー・アボット、スペインのハビエル・フェルナンデス・ロペス、カナダのジェフリー・バトル、エルビス・ストイコらの有名選手、元選手など多数の錚々たるメンバーが含まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中