2018年 7月 21日 (土)

消費増税で映画料金、一部値上げ いくらなら観に行きたいと思うのか

印刷

   2014年4月1日からの消費税増税にともない、映画各社の鑑賞料金も一部値上げが実施される。東宝、東映、松竹、イオンシネマ、ユナイテッド・シネマで、大人1800円、大学生1500円などの通常入場料金は変わらないが、女性限定の割引「レディースデー」や毎月1日の「ファーストデー」、60歳以上の観客が対象の「シニア割引」など、これまで1000円だった割引プランが1100円になる。

   日本の映画料金は世界各国と比べてもかなり高額と言われ、「割引料金まで値上げになるのかよ!」とネット上で悲鳴が上がる中、「今よりも映画を観に行こうと思える金額」というアンケートの結果が明らかになった。

「901~1000円なら映画観に行きたい」が約4割

いくらなら納得できる?(写真はイメージ)
いくらなら納得できる?(写真はイメージ)

   アンケートを実施したのは女性向け情報サイト「マイナビウーマン」だ。14年3月5日から13日までに、読者554人から回答を得た。

   「今よりも映画を観に行こうと思える金額を教えてください」という質問に対し、「901~1000円」と答えた人が最も多く37.1%。2位が「301~500円」(14.2%)で、「501~700円」(13.2%)、「1~300円」(9.9%)、「701~800円」(9.0%)と続いた。

   この結果に対し、ネット上では「1000円未満だともっと行く気になると思います。今の金額だとレンタルですね」「千円ならいいな。交通費こみで2000円なら気楽にいける」「理想を言えば500円」などと書き込まれている。やはり現在の映画料金を高いと感じている人は少なくないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中