2021年 1月 18日 (月)

「米アップルは最悪の職場」の暴露続々 極端な秘密主義、驚きの社内政治活動、本当か?

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   もしも米アップルに採用されたら――。「アイフォーン(iPhone)」をはじめとするヒット商品を次々と開発し、今や世界のトップ企業に上り詰めた会社からオファーが届けば、すぐに飛びつく人は大勢いるだろう。

   ところが、勤めてみたら「こんなはずじゃなかった」と辞めてしまう人も少なくないようだ。その理由の数々がオンラインニュースで報じられた。

「奥さんにすべて忘れてもらうようにしてくれ」

企業ブランド1位に輝いたアップルだが……
企業ブランド1位に輝いたアップルだが……

   米インターブランド社が毎年発表している、世界の企業ブランド価値ランキング。アップルは2013年、初のトップに輝いた。13年連続首位だったコカ・コーラを抜いての快挙だ。カリスマ創業者、スティーブ・ジョブズ氏が2011年10月に亡くなった後も、勢いが続いていることを裏付けた。

   盤石に見えるアップルだが、会社を支える社員のなかには不満を抱え、辞めてしまうケースもある。アップルならではの、特別な事情もあるようだ。

   米オンラインニュース「ビジネスインサイダー」は2014年4月6日、「職場としてのアップルの最悪な点を社員が暴露」と題した記事を掲載した。質問投稿サイト「クオーラ(Quora)」に寄せられた、元社員らの書き込みを紹介している。「最悪」の烙印を押されたひとつが、極端な秘密主義だ。ある男性は「妻に何も話せなかった」と告白する。毎晩帰宅が遅かったが、妻は男性がどんな仕事をしているかすら知らなかったそうだ。英国出張が決まった際、妻が同行を申し出ると「とんでもない」と断った。当時、妻がIBMに勤務しており、関係者に知れると面倒が起きかねないからだ。

   夫がアップルの技術者だったという女性の話は、当時開発中だった基本ソフト(OS)のプロジェクトについて、夫が上司に「どうすれば誰にも情報が漏れないか」を問われた際、夫は「妻に話している」と明かしたというもの。すると上司は、「奥さんにすべて忘れてもらうよう、何とかしてくれ。それから君も、今後一切奥さんに(プロジェクトについて)話したらダメだ」と念を押された。

   「匿名の元社員」は、徹底したトップダウンのため、たとえ改善を目指す試みでも現場レベルから「上」への動きは冷ややかに扱われると書き込んだ。「文句を言わずに長時間、懸命に働け。破たんした(会社の)仕組みを修正しようとするな。君のポジションを狙っている人が10人はいることを忘れるな」と「助言」した後で、「アップルに勤務するのは自己責任で。それから、社食は結構おいしいし、服装はラフで構わない」と皮肉交じりに加えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中