2019年 5月 20日 (月)

NHK籾井会長「ネット視聴でも受信料」の意向明かす 「スマホ所持だけで徴収」や「二重徴収」に危惧の声

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   テレビなどの受信設備を設置している家庭はNHKの受信料を支払うことが義務付けられているが、「見もしないのになぜ支払わなくてはいけないのか」といった気持ちから、受信料の徴収に対する反感は根強い。

   その反感がさらに高まってしまいそうな発言が、籾井勝人会長(71)の口から飛び出した。「テレビとネットの同時放送を実現し、ネット視聴者からも受信料を徴収する」というもので、ネット上では「PCやスマートフォンを持っているだけで徴収されるのか!?」「テレビとの二重徴収もありえる?」など危惧の声が噴出している。

3年以内に「同時再送信」を実現させる考え

「ネット繋がってれば受信料徴収」の未来も?
「ネット繋がってれば受信料徴収」の未来も?

   2014年7月25日に就任半年を迎える籾井会長に新聞各社がインタビューを行い、その内容が7月24日付の朝刊(読売新聞は23日付朝刊)に掲載された。

   各紙に共通しているのは、テレビでの放送と同時に番組をインターネットで配信する「同時再送信」を3年以内に実現したいと語っている点だ。現在の放送法では、同時再送信は国内ラジオと大規模災害時、国際放送に限られている。

   同時に、「タダではできない。受信料を支払っている人たちが納得できる体制にする」と、ネット視聴者からも受信料を徴収する意向も明らかにしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中