人手不足の解消は「外国人労働者」で すでに全国で70万人突破、外食、コンビニなどが争奪戦

印刷

   外国人労働者が、外食業や小売業などで深刻化している人手不足の「救世主」ともいえる存在になりつつある。

   厚生労働省によると、外国人労働者数は71万7504人(2013年10月末時点)で、前年同期と比べて3万5054人、5.1%増加して過去最高を記録した。この労働力をめぐって、すでに熾烈な「争奪戦」が繰り広げられているようなのだ。

店舗運営、「外国人抜きには考えられない」

ローソンは外国人労働者の採用に積極的だ!(画像はローソンのホームページ)
ローソンは外国人労働者の採用に積極的だ!(画像はローソンのホームページ)

   最近、東京都心のコンビニエンスストアでは、カタコトの日本語を話す店員が少なくない。店員のうち、半数が外国人アルバイトということもあるようだ。コンビニだけではない。ファストフード店やファミリーレストラン、居酒屋などでも外国人アルバイトを見かける。

   2014年8月4日付の日経MJは、「カタコト労働力 争奪戦」の見出しで、人手不足に悩む流通・外食チェーンの外国人労働者の採用状況をまとめている。

   たとえば、東京・お台場のフードコートの飲食店。その厨房で働くのは中国人、バングラデシュ人、ネパール人だ。日本人のアルバイトを雇いたくても、場所柄、近所に住んでいる日本人が少なく、大学もない。「多国籍化は必然だった」という。

   多くの外食業や小売業などが人手不足に悩まされているなか、コンビニ大手などでも「人材確保」に動き出している。同紙は「日本語を習熟し切れていない外国人すら奪い合う採用現場。チェーン経営での外国人はもはや助っ人ではない」と報じている。

   外食業や小売業の外国人の採用状況は、従業員に占める外国人比率で、まだ1ケタの企業が多いが、なかには10%を超える企業も出てきた。外国人のアルバイトが人手不足を補っていて、「外国人抜き(の店舗運営)など考えられない」という飲食店もある。

   すでに東京のごく日常の光景として、中国やフィリピン、ベトナムなどの外国人アルバイトが接客したりレジを打ったり、料理をつくったり運んだりしている。そのことに違和感がなくなってきた人も多いのではないか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中