2018年 11月 22日 (木)

世界遺産・吉水神社の宮司がブログでヘイトスピーチ? 「中国人、韓国人は日本に来るな!」...ネットで話題に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   奈良県吉野郡吉野町にある世界遺産の吉水神社のブログが「中国人、韓国人は日本に来るな!」「世界から嫌われるシナ人の下品さ!」「韓国人は整形しても心の汚さは変わらない!」といったヘイトスピーチが満載だと話題になっている。

   書いているのは佐藤一彦宮司(73)。中韓が憎くて書いているわけではなく人種差別でもないが、両国の日本に対するあまりにもえげつない行動に対し日本の政治家が何の行動も起こさない。だからせめて「悪いものは悪い!」と示すために書いている、とのことで、「70歳を超えてから命は惜しくはないが、何も言わないまま死ぬのは嫌だ」と佐藤宮司は話している。

中国人が触った所は必ず消毒するべきである

宮司は「私のブログが話題になっているとしたら、とても嬉しい事」と答えた(画像は吉水神社の公式ホームページ)
宮司は「私のブログが話題になっているとしたら、とても嬉しい事」と答えた(画像は吉水神社の公式ホームページ)

   話題のブログは「ヤフー!ブログ」の「世界遺産の吉水神社から『ニコニコ顔で、命がけ!』」で、2006年から続いている。当初のブログの目的は「神社でのご奉仕に伴う、祭礼行事や吉水神社のすばらしさを皆さんにご紹介いたします」というものだったが、次第に時事ネタ、政治ネタに変わっていった。アメリカの政治姿勢を追及したこともあったが、ここ2、3年は中国、韓国に関する話題が満載になった。例えば、14年3月27日付けでは、「韓国人は整形しても韓国人の心の汚さは変わらない!」というタイトルで、

「人を怨む民族は『心のブス』」です 醜い整形ビフォーアフター広告は見苦しい 慰安売春婦の像も見苦しい 恨みの国は世界から怨まれる」

と書いた。これは韓国・ソウル市政府が公共交通機関に美容整形広告の掲出を規制する方針を固め、特にビフォーアフター式の広告を禁止するよう通達したという記事を受けてのものだ。

   その少し前の1月28日付けでは、中国で鳥インフルエンザに感染した死亡者が出ているとして、

「中国が日本に観光で来て、鳥インフルエンザ菌をばら撒いて帰る!中国人が触った所は必ず消毒」

   3月13日付けには海外で中国旅行者のマナーの悪さが問題になっている、とし、

「中国人観光客のマナーはどうにかならないのか、もう受け入れないほうがいい」

と書いたほか、

「韓国からの修学旅行は入国拒否しろ 『盗んだ毒島』から来た修学旅行生を何故受け入れるのか?ここまで日本を侮辱した話が有るか 戦前の日本であれば『国交断絶』したであろう」

とした。これは修学旅行で訪日した韓国学生が「独島から来ました」などと書かれた横断幕を掲げたという報道に対する反応だ。

   4月1日には、反韓感情の高まりで日本の地方空港が相次ぎ日韓路線の休止を発表したという記事に対してこう書いた。

「日本人は、韓国に旅行するものがいなくなった。韓国の朴大統領が『告げ口』で日本を悪く言うので韓国に旅行する馬鹿はいなくなった。在日韓国人に対して日本人の親近感は消えた!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中