2019年 6月 18日 (火)

口永良部、御嶽山、そして阿蘇山、次は... 「火山列島」活発化で富士山噴火が危ない

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   阿蘇山(熊本県)の噴火が続いている。噴煙が高さ1000メートルにまで達し、熊本空港を発着する航空便に欠航が相次ぐなど暮らしにも影響が及んでいる。

   多くの犠牲者を出した2か月前の御嶽山(長野・岐阜県)の噴火では、火山活動が静穏と見られていた山で起きただけに驚きの声が上がった。「次は富士山ではないだろうか」。こう心配する人も少なくないだろう。

草津白根山で火山性地震増、口永良部島は噴火

富士山の噴火は起きてほしくない
富士山の噴火は起きてほしくない

   阿蘇山の噴火では、19年ぶりに噴石が確認された。高温の噴出物が赤い炎のように見える「火炎現象」も起きている。2014年11月27日放送の「あさチャン!」(TBS系)では、観光客用のロープウェー乗り場に火山灰が積もった様子を映し出し、熊本県内やその東側の大分県でも降灰が見られたと報じた。

   2014年に火山活動が活発化したのは、阿蘇山と御嶽山だけではない。草津白根山(群馬県)では3月から火山性地震が増加、火山ガスの噴出も見られるようになり、気象庁が6月3日に火口周辺への立入規制等を伴う「噴火警戒レベル2」に引き上げた。8月3日には口永良部島(鹿児島県)の新岳が34年ぶりに噴火し、当初は火砕流発生の恐れがあると警戒された。11月25日の時点で、警戒レベルは御嶽山と同じく「3」が継続されている。桜島(鹿児島県)でも噴火が続いており、入山規制が解除されていない。蔵王山(宮城・山形県)では8月以降に火山性微動の発生が増え、10月20日には今年最大規模の揺れが観測された。

   専門家による気になる指摘がある。「あさチャン!」では、鹿児島大大学院理工学研究科・井村隆介准教授のコメントを紹介した。東日本大震災や阪神淡路大震災、また雲仙普賢岳や三宅島、有珠山の噴火はすべて「平成」に入ってから起きているという。ほかにも2004年の新潟県中越地震、2011年の新燃岳(宮崎・鹿児島県)噴火と、被害の大きかった地震や火山の噴火が過去20年ほどの間に複数回発生していることになる。井村准教授は「大きな日本列島の変動期に入ってきているのかもしれません」と述べた。

   こうなると、懸念されるのが富士山の動向だ。1707年の宝永噴火から300年が過ぎ、火山学者は「いつ噴火してもおかしくない」と言う。本当に「日本列島の変動期」に入っているとなれば、余計に不安が募る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中