2018年 11月 17日 (土)

「ニュースウオッチ9」大越キャスターに降板報道 単なる異動か、官邸の意向受けた「更迭」か...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHKのニュース番組「ニュースウオッチ9」の大越健介キャスター(53)に降板報道が出ている。同局の「夜の顔」として2010年春からメーンを務めてきたが、2015年3月いっぱいで交代するというのだ。

   さらに日刊ゲンダイと週刊新潮は、その背景に官邸の「意向」があると指摘している。

「キャスター交代は定期路線」という報道も

大越キャスターの降板報道、真相は?
大越キャスターの降板報道、真相は?

   大越さんは東大野球部でエースとして活躍。NHK入局後は政治部に16年間在籍後、米ワシントン特派員、支局長などを経て、10年3月にニュースウオッチのキャスターとなった。番組中で述べる見解が物議を醸すこともあるが、落ち着いた進行や淡々とした語り口にはファンも多い。

   そんな大越さんの「降板話」をいち早く報じたのは1月21日付けの日刊ゲンダイと22日発売の週刊新潮だった。それも単なる降板ではなく、官邸の意向が働いた上での「更迭」という。両メディアの情報源は「NHK関係者」。どちらも、大越さんの原発再稼働に対する「後ろ向きな発言」を官邸が快く思っていなかったと指摘している。

   週刊新潮は、大越さんが14年2月に福島第一原発を訪れた際の発言などを紹介しながら「影響力のある番組だから、官邸はこれを嫌気し、NHKに水面下で交代を求めたという」などと伝えている。

   日刊ゲンダイは、大越さんがブログに書いた「(福島原発事故は)原子力の安全神話を崩壊させ、技術への過信に大きな警鐘を鳴らした」などの発言を紹介。その上で「そこに難色を示す安倍官邸の意向が、籾井勝人会長を通じ局内に伝わっていて、去年から大越さんの交代が検討されていました」という関係者コメントを掲載している。

   一方、「官邸の意向」の影響という見方に23日付の夕刊フジは否定的だ。記事では「キャスター交代は既定路線で検討されています」「次期政治部長とも目されています」というNHK関係者のコメントや、「局内には籾井会長への反発やしこりもいまだに多いと聞きます。さらに反原発勢力を含めて、看板番組のキャスター降板を口実として利用している可能性も否定できない」という芸能メディア記者のコメントを紹介している。

堀潤さん「丸5年は通常の異動周期の範囲内でもある」

   「更迭」報道の真相は不明だが、降板自体は十分あり得る話のようだ。板野裕爾放送総局長は22日に行われた定例会見で、記者からの質問に「来年度の番組の出演者は現在選考中。(大越キャスターが)代わるか否かも決まっていない」と答えたと報じられている。降板を否定するコメントは特になかったようだ。

   そもそも、大越さんは3月でメーンキャスターを丸5年務めたことになる。前回、前々回のキャスターは2年前後で交代しており、いつ降板しても不思議ではない。22日付の日刊スポーツも「5年という節目もあり、次の世代にバトンタッチする交代人事案が浮上したとみられる」と伝えているほか、元NHKアナウンサーの堀潤さんも23日に「丸5年は通常の異動周期の範囲内でもある」とツイッターで指摘している。

   なお後任には、国際部長の河野憲治さんの名前があがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中