2019年 9月 20日 (金)

若者にツケ回すカネ食い虫新国立競技場 建設費3000億円に維持費も50年で1000億円!

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   2020年東京五輪のメイン会場になる新国立競技場の総工費が、3000億円にも上るとされ、ネット上でも、怒りの声が相次いでいる。関係者によると、巨額になった理由は、かなり根深いところにあるともいうのだ。

「最初に見た時、『これは金がかかるぞ』と言ったのを覚えている」

   東京新聞の2015年7月9日付朝刊によると、五輪招致を進めた石原慎太郎元東京都知事は、新国立競技場のデザインについて、インタビューでこう説明した。

  • アベノミクスを支えたい思惑?
    アベノミクスを支えたい思惑?

石原慎太郎氏「これは金がかかるぞと思った」

   競技場がこれほどの高額になったのは、キールアーチという弓形の柱2本に1000億円もかかるためとされている。石原氏は、自分ではなく、建築家の安藤忠雄氏がデザインを選んだと他人事のように語ったが、当初からかなりの費用がかかることが分かっていたわけだ。

   13年9月の招致当時は、競技場建設に1300億円ほどかかると見積もられた。しかし、10月には、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)の試算で、倍以上の3000億円もかかる見通しが明るみに出た。その後、デザインに修正が加えられて、14年5月の基本設計では、1625億円にまで下がった。しかし、資材高騰などのため、開閉式屋根や一部座席の設置を五輪後に回すことになっても費用がかさみ、結局、JSC が7月7日に開いた有識者会議で2520億円にすることで落ち合った。それでも、東京都世田谷区の一般会計予算と同じ規模だ。

   ただ、ラグビーやサッカー、コンサートなどの利害関係者が集まる会議だけに、屋根や座席の増設を望む声は多く、最終的には3000億円を下らないともされている。費用ねん出のメドもまだ立っておらず、国や都が押し付け合っている状態だ。そのうえ、競技場の維持費などが建設後の50年間で1000億円もかかると試算されており、これからの若い世代に負担が重くのしかかる恐れも出てきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中