2021年 6月 24日 (木)

太田光、「佐野氏批判」を批判 「知らない人が突っ込んでる」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年東京五輪エンブレムを巡る「盗作騒動」は、デザインを手がけた佐野研二郎氏が取り下げを申し出るという結末となった。最後まで疑惑を否定しつつも「繰り返される批判やバッシングから家族やスタッフを守るため」などを理由に決断したものだった。

   爆笑問題の太田光さんは2015年9月6日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、インターネット上を中心に過熱していた佐野氏に対する追及やバッシングに疑問を投げかけた。

  • 太田光さんは約4分間にわたりエンブレム騒動について熱弁した
    太田光さんは約4分間にわたりエンブレム騒動について熱弁した
  • 太田光さんは約4分間にわたりエンブレム騒動について熱弁した

「『日本の恥』っていうほど大したことじゃない」

   番組でエンブレム白紙撤回の話題を取り上げる中、太田さんは「エンブレム(の問題)って『日本の恥』っていうほど大したことじゃないと思う。外国メディアも鬼の首を取ったみたいに言ってるけど、これも大人げない気がする」と主張した。

   太田さんは、ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルの作品やコラージュの手法などを例に出しながら、そもそもデザイン業界の常識や判断基準は一般の人々には「よく分からないし、判断できない」と指摘。その上で、ネットの批判については「佐野さんがどこまで悪質なのかっていうのを知らない人が突っ込んでると思う」と分析した。

   五輪招致の際には「日本頑張れ!」と皆で盛り上がっていたにもかかわらず、日本人がこの騒動を「日本の恥」とし、佐野氏を守らないことに違和感を持っているようで、

「もっと佐野さんを守ればいいじゃんって。IOC(国際オリンピック委員会)だって別に(問題ないと)言ってるんだから、『お前ら外人が文句言うんじゃねえよ』って言ったっていいと思う」

と熱弁した。

   佐野氏については、明石家さんまさんも「あそこまでいったら可哀想やけどな」と5日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS放送)で同情を寄せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中