2021年 10月 18日 (月)

全国に100軒はある「大勝軒」って何だ 山岸さんがのれん分けした店ばかりと思うと...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   人気のラーメン店「東池袋大勝軒」が揺れている。創業者の山岸一雄さん(享年80)が2015年4月に亡くなって半年が経ったが、約60人の弟子で構成された互助会組織「大勝軒のれん会」が分裂してしまった。

   「東池袋大勝軒」は、「つけ麺の元祖」として知られる。山岸さんが考案した、看板メニューの「特製もりそば」はつるりとした食感とコシの強い自家製麺に、甘酢っぱくもあっさりしたスープが特徴だ。

  • 「大勝軒」が「のれん会」と「守る会」に分裂・・・(画像は、「東池袋大勝軒」のホームページ)
    「大勝軒」が「のれん会」と「守る会」に分裂・・・(画像は、「東池袋大勝軒」のホームページ)
  • 「大勝軒」が「のれん会」と「守る会」に分裂・・・(画像は、「東池袋大勝軒」のホームページ)

大勝軒「のれん会」と「味と心を守る会」だけで80近くにのぼる

   多くのファンを抱えている大勝軒。その「味」は、艶やかな白色に卵の黄色がほんのりとした、工夫をこらした自家製の「多加水卵中太麺」と、げんこつと豚足、鳥をベースにひき肉の旨みと甘みがミックスされ、さらに煮干や鯖節、魚粉を加えることで生まれる、魚の風味とコクがしっかりと生きた豊かな味のスープにある。

   つるりとした中にもコシがしっかりとした食感で、塩分を含んでいる灌水の比重が低く、からだに優しいとされる。

   「東池袋大勝軒」のホームページによると、東池袋「大勝軒」は1961年に開業。「つけ麺」で人気を呼んだ。2007年、再開発計画による立ち退きで一時は閉店したが、閉店を惜しむ声に翌08年に復活。現在、「東池袋大勝軒本店」として、弟子で南池袋「大勝軒」の店主だった飯野敏彦さん(47)が2代目店主として継承している。

   分裂騒ぎは、そんな本店と滝野川店や横濱西口店などの直営店のほか、50近くが集まる「大勝軒 のれん会」と、2015年8月に発足した「大勝軒 味と心を守る会」のあいだで起こった。「守る会」のメンバーも30を超えている。

   一見すると、「大勝軒」の看板を掲げる正統性は、山岸さんが生前に本店2代目店主に「指名」した飯野さんが所属する「のれん会」のほうにあるようにみえるが、いずれも「大勝軒」の看板を掲げている。

   たとえば、東京都内では「東池袋大勝軒 本店」や「南池袋 大勝軒」をはじめ16か店が「のれん会」に所属。一方、「守る会」には「お茶の水 大勝軒」や「浅草 大勝軒」など12か店が所属する。どれも山岸さんが多くの弟子を抱えて育てあげ、のれん分けしてきた店で、「本家本元」を主張する。

   とはいえ、お客の目からは、どれが「のれん会」か、「守る会」かはよくわからない。さらには、東池袋「大勝軒」系を含め、全国に100軒はあるといわれる「大勝軒」には、東京都内だけでも「中野 大勝軒」や「永福町 大勝軒」などがあり、その看板を掲げるラーメン店や中華料理店はめずらしくない。

   ちなみに、「大勝軒」は商標登録していないので、今後も誰の許可を得ることなく、増えていく可能性もあるわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中