2018年 9月 21日 (金)

算数の授業で「18782(嫌なやつ)足し算」 教師厳重注意に「大騒ぎするほどのことか」の声

印刷
「18782(嫌なやつ)+18782=37564(皆殺し)」

   小学校の算数の授業で、不適切な語呂合わせの話をしたとして、教育委員会は教師を厳重注意するとし、学校は保護者に説明会を開くこととなった。

   確かに授業にふさわしくない内容だが、保護者から寄せられた抗議はたった1件。大げさな対応に、ネットでは「このくらいはいいでしょ」「大騒ぎするほどのことか?」と疑問の声が多い。

  • 18782(嫌なやつ)に18782を足すと…(画像はイメージ)
    18782(嫌なやつ)に18782を足すと…(画像はイメージ)

教師「興味を持ってもらうために...」

   神奈川県藤沢市教育委員会によると問題があったのは、2015年10月30日、市立滝の沢小学校の4年生の算数の授業だ。担任の女性教師(40)が電卓の使い方を説明する際に、

「18782(嫌なやつ)+18782=37564(皆殺し)」

とした語呂合わせを、黒板に書くなどして生徒に教えた。

   教師は「興味を持ってもらうためにやった」と反省しているようだが、市教委は「不適切な授業だった」として、事実確認をした上で、厳重注意を行う予定だ。小学校も11月20日夕方から保護者への説明会を開く。

   授業で話す内容としてふさわしいとは思えないが、神奈川県教委によると発覚のきっかけとなった保護者からの指摘はたった1件しかなかったという。それが市教委に伝えられ、今回の騒ぎにつながったのだ。

「ただの数字の遊び」「目くじら立てるほどでもない」

   実際にネットでは、問題視する声の方が少ない。ツイッターには、

「不適切っていうか、ただの数字の遊び」
「目くじら立てるほどでもないだろ」

など、大騒ぎしすぎだという意見がたくさん投稿されている。

   また、この計算式を過去にテレビで見たことがあるという人も多く、「この足し算結構有名だよね。こんなんで謝罪に追い込まれるって、保護者も洒落が解らないねえ」とあきれる声もあった。

「415に4649ないことを教えたとかそういうクレームである。4545と熱心なことだ」

と語呂合わせでやゆする投稿も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック