2018年 8月 18日 (土)

肥満や高血圧ではファストフードより危険? 米国調査ではレストランに「落とし穴」

印刷

   早い・安い・まあまあウマい――で、つい利用してしまうファストフード。「カロリーを考えると、レストランにしておけばよかった」と後悔したアナタ。レストランの方が肥満や高血圧のリスクが高いという研究成果が、ファストフード大国の米国で発表された。

   2015年7月、国際臨床栄養学誌「EJCN」にイリノイ大学のレオペン・アン助教授のチームが報告した。

  • 高給なイメージから健康そうに思えるレストランだが
    高給なイメージから健康そうに思えるレストランだが

コレステロールより塩分が怖いレストラン

   研究チームは、2003~2010年にわたる全米健康保険調査のデータから約1万8100人の成人男女を選び、24時間以内にとった食事内容を具体的に記述してもらった。そして、家庭料理か、外食か、外食なら店の形態、食べた料理のコレステロール値や栄養などを分析した。

   その結果、3人に1人弱がファストフードで、4~5人に1人がフルサービスのレストランで食事をしていた。栄養の分析では、ビタミン類や亜鉛、カリウム、オメガ3脂肪酸などについては、ファストフードや家庭料理よりレストランの方が豊富だった。しかし、コレステロールに関しては、家庭料理に比べて、レストランは1日あたり58ミリグラム余分に含まれていた。ファストフードのコレステロールの超過は10ミリグラムだった。

   また、ナトリウム(塩分)の量も家庭料理に比べて、レストランは1日あたり412ミリグラム多く、ファストフードは300ミリグラム多かった。一方、血中コレステロールを上げる飽和脂肪酸や砂糖の量は、ファストフードが最悪で、繊維質やビタミン類、マグネシウムなどの栄養素も少なかった。

レストランの料理を家で作れば健康的

   この結果についてアン助教授はこうコメントしている。

「コレステロールの超過もよくないですが、塩分が多いのがレストランの問題点です。米政府が健康の目安にしている塩分摂取量をかなり超えていて、肥満や高血圧、心臓病のリスクを高めています。レストランで注文した料理を家で作ると、量が抑えられて健康的です。レストランは社交的イベントになり、費やす時間が長くなって食べすぎてしまうのです。塩分に関してはファストフードより警戒する必要がありますが、結局は家庭料理がベストです」

   研究は米国のレストランを対象としたもので、日本の事情とは単純に比較はできないが、興味深い結果とは言えるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中