2019年 11月 19日 (火)

イチロー、いつまで現役続ける 50歳までか米3000安打か、ファン注目

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「いたいだけいてほしい」。イチロー選手との再契約に際して、マーリンズ側は代理人にこう話したと、日本のスポーツ紙が報じた。いわば「終身雇用」の約束とも言うべき、最大級の評価を球団から受けたと言える。

   だが、すでにイチロー選手は42歳。キャリアの終わりを意識してもおかしくない年齢だ。日本では2015年、レジェンドと呼ばれ現役最年長だった山本昌広投手(中日ドラゴンズ)が50歳で引退を決意した。背番号「51」はいつまで現役を続けるのか。ファンの注目が集まる。

  • イチローは何歳まで現役をつづけるのか(写真:AP/アフロ)
    イチローは何歳まで現役をつづけるのか(写真:AP/アフロ)

マ軍「イチローがいたいだけいてほしい」

   マーリンズは2015年10月7日、イチローと1年の契約延長で合意したと発表。推定年俸200万ドル(約2億4000万円)で、2017年は球団が選択権を持つと伝えられている。

   実はこの交渉で「球団は、イチローがいたいだけいてほしいとのことだった。彼らはイチローを非常にリスペクトしている」と代理人のジョン・ボグズ氏が語ったと、12月11日の日刊スポーツが伝えた。スポーツ界では極めてめずらしい「終身雇用」のオファーといえる。

   今シーズンは153試合に出場し、398打数91安打、打率は.229で自己最低の数字だった。当たり前のように3割を打ち、首位打者争いをしていたころに比べると衰えは隠せない。代走や守備固めの出番も目立った。

   しかし言葉通り受け取れば、球団からは「いたいだけいる」ことを認められたのだから、引退時期は自分で決められる。すでにメジャーの野手としては現役最年長。何人かのベテラン投手は去就が取りざたされているだけに、来シーズンは現役選手全体の中でも最年長になる可能性もある。「イチローがいつまで現役を続けるのか」にファンの関心は集まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中