2020年 6月 3日 (水)

映画料金1800円は高い! ネットアンケ回答で最多の「妥当な額」は...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大人気の映画「シン・ゴジラ」や「君の名は。」のヒットで、最近も映画館に足を運んで観た人は少なくないだろう。

   その一方で、「1800円」(大人)の映画鑑賞料金が「高い」との声が、インターネットに寄せられている。スマートフォンの映画アプリ「映画ランド」を運営するホットモブ・ジャパンが「第1回 映画館及び映画鑑賞に関するアンケート調査」(有効回答10代~60代以上の個人3031人)の結果を、2016年10月18日に発表。86%の人が現在の映画鑑賞料金が「高い」と回答した。

  • 映画鑑賞料金は1000円前後が妥当?
    映画鑑賞料金は1000円前後が妥当?
  • 映画鑑賞料金は1000円前後が妥当?

男女とも10代の映画鑑賞が増える

   映画館などの娯楽施設でつくる全国興業生活衛生同業組合連合会(全興連)によると、全国には約3400台のスクリーンがある。映画館といえば、ひと昔前であれば、一つの映画館に1つのスクリーンが一般的だったが、「名画座」を含め、そういった昔ながらの映画館が姿を消し、最近は一つの施設内に複数のスクリーンがあるシネマコンプレックスが増えてきた。全興連は「スクリーン数は増える傾向にあります」と話す。

   一つひとつの映画館は上映される作品によって集客が左右されるものの、全体的には好調のようだ。

   たとえば、「シン・ゴジラ」や「君の名は。」の大ヒットが続く、配給元の東宝は2016年10月17日、17年2月期決算(連結ベース)の純利益が前期比27.7%増の330億円(従来予想223億円)になると発表。過去最高になる見通しで、主力の映画事業が当初の予想以上に好調なことに加えて、TOHOシネマズなどの映画興行事業も、この中間期の営業利益が前期比0.8%増の65億円と好調だった。「TOHOシネマズ 仙台」や「TOHO シネマズ 柏」をオープンし、スクリーン数も全国で18スクリーン増えて679スクリーンとなった。

   映画館に足を運んでいる人も増えているようで、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが6月に発表した「第5回 映画館での映画鑑賞に関する調査」(対象は全国の10代~70代の男女。有効回答3207人)によると、直近1年以内に映画館で映画を鑑賞した人は全体の38.7%で、前回(2015年)調査から約3ポイント上昇した。

   年代別にみると、10代の鑑賞率の高さが目立つ結果となり、男性10代で55.7%、女性10代で62.0%となり、鑑賞本数も増加傾向にあった。過去の調査からの推移をみると、年間2本以上観る人の割合が増えていて、女性10代では年間5~11本観ている人が今回の調査で全体の3割に達した。

   鑑賞した映画のジャンルは、男性10代で「邦画アニメ」、女性10代で「邦画実写」の人気が高かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中