2020年 7月 3日 (金)

映画料金1800円は高い! ネットアンケ回答で最多の「妥当な額」は...

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

割引サービスが使えない社会人男性

   そうしたなか、大人1800円の映画鑑賞料金が「高い」という人が多いことが、スマートフォンの映画アプリ「映画ランド」を運営するホットモブ・ジャパンの調べでわかった。なんと、86.0%の人が「高い」と回答。「妥当」と答えた人(13.8%)を大きく上回った。

   さらに現在の映画鑑賞料金が「高い」と感じる人に、いくらが妥当であると思うか、その料金を聞いたところ、「1100円~1200円」が49.5%で最多。次いで「1000円以下」が20.7%、「1300円~1400円」が18.6%、「1500円~1600円」が11.2%という結果となった。

   映画館では、学生割引やシニア割、モーニングサービス、レイトショー、「レディースデー」に「夫婦50割」、「映画サービスデー」といった割引サービスが用意されていて、これらを利用すれば1000円前後で映画が鑑賞できる。「高い」と感じている人が妥当と思っている料金水準は、このあたりのようだ。

   ただ、これらの割引サービスは映画館によって対応が異なっており、全国の映画館共通で「1000円」で鑑賞できるのは毎年12月1日の「映画の日」だけ。あとの割引サービスは「映画館がそれぞれ決めて実施しているものです」と、全興連はいう。

   とはいえ、インターネットには、

「正規料金で観る人は金持ちだなと思う」
「コーラとポップコーン付きとか、映画のパンフレット付きなら1800円でもいいかなw」
「昔は朝イチの回に行って気に入った映画だと2度、3度と観ることができたが、今はほとんど入れ替え制になってしまったからなあ」
「2本立てなら、1800円でもいいかも」
「総製作費2億ドルとかのハリウッド映画と、お手軽な低予算でつくられたしょぼい邦画が同じ料金っておかしくねぇか」
「レディースデーとかサービスデーをすべて廃止して、代わりに1000円均一にしなさい」

と、やはり1800円の料金が「高い」と感じている人は少なくない。

   なかでも、「映画サービスデー」のようなときにしか、割引サービスが使えない社会人男性が不満を漏らしているのかもしれない。

   全興連によると、映画鑑賞料金は映画館がそれぞれ設定できるもので、「1800円」でなければ、いけないわけではない。「地方では1600円、1700円の映画館もあります」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中