帝王切開の子は小児ぜんそくになりやすい? 専門家も意見が2分、新説に戸惑う母ゴコロ

印刷

   出産日を決めて計画的に帝王切開を行なう方法が世界的に増えているが、生まれてくる子どもに小児ぜんそくのリスクが高くなることが明らかになった。

   スペインの産婦人科医、小児科医、アレルギー専門医ら23人の研究チームが医学誌「Am J Epidemiology」(電子版)の2017年3月15日号に発表した。なぜ通常の出産に比べ多くなるのか不明で、専門家の中には、「帝王切開を選択する女性の不安をあおるものだ」と批判する声も上がっている。

  • 帝王切開の子にぜんそくが多い?
    帝王切開の子にぜんそくが多い?

世界保健機関は「必要ない場合はさけるべき」

   手術日を決める予定帝王切開は世界的に増えている。さまざまな機関の調査結果によると、2017年1月現在、ブラジルが約56%と一番多く、ついで中国、韓国で40~50%以上、米国でも約35%が帝王切開といわれる。あらかじめ手術日を決めておくと、医師の側ではスケジュール管理がしやすく、妊婦の側でも出産に伴う痛みが少ないなどのメリットがある。しかし、世界保健機関(WHO)は2015年4月、「医学的に必要がない場合の帝王切開は、母子の健康のためにさけるべきだ」と警鐘を鳴らした。

   日本では、厚生労働省の2011年調査によると、帝王切開は19.2%にとどまっている。また、予定帝王切開に対する考え方が欧米などと違い、最初から帝王切開を選択するのではなく、妊娠36週目までの健診で胎児の状態が自然分娩は難しいと判断された場合に行なわれるケースが多い。

   さて、「Am J Epidemiology」誌の論文要旨によると、研究チームは、1996~2006年に欧州で出産した6万7613人に母子のケースを、分娩方法と5~9歳児の小児ぜんそくとの関係を調べた。分娩方法を「自然分娩」、「器械経腟分娩」(難産で器具を使用し膣から出産)、「予定帝王切開」、「緊急帝王切開」(緊急手術で帝王切開)の4つに分けて、小児ぜんそくのリスクと比較した。

   その結果、「自然分娩」と比べた小児ぜんそくの発症リスクは、「予定帝王切開」が33%増だった。一方、同じ帝王切開なのに「緊急帝王切開」は7%増にとどまり、「器械経腟分娩」は3%減だった。なぜ、「予定帝王切開」だけが高いのか、論文では明らかにしていない。

「帝王切開は常にリスクと利点をともなう」

   実は、同じような調査報告を英エジンバラ大学の研究チームが米医師会誌「JAMA」(電子版)の2015年12月2日号に発表している。その論文要旨によると、1993~2007年の間に生まれた32万1287人の子どもを、分娩方法の違いに応じて幼少時の健康状態を調べた。分娩方法は「自然分娩」と「予定帝王切開」だけを比較した。その結果、「予定帝王切開」の子どもは「自然分娩」の子どもに比べ、小児ぜんそくになるリスクが22%高かった。その理由について研究者は説明していないが、「ぜんそくになるリスクは非常に高いとはいえず、医学的に帝王切開が必要なら、自然分娩ではなく帝王切開を選ぶべきだ」とコメントした。

   しかし、帝王切開を選ぶ女性にはショックな結果である。論文に付いた専門家のレビュー(意見)をみると、この結果について批判的な人が多かった。

「帝王切開にぜんそく発症の原因があるかのような表現はさけるべきだ。重要なのは、帝王切開は常にリスク(危険)とベネフィット(利点)を考えるべきだということだ」
    「研究方法に疑問がある。帝王切開の女性は、自然分娩の女性より一般に肥満度が高い。肥満の女性から生まれた子は喘息のリスクが高い。その点を考慮していない。また、帝王切開をせざるをえない母体の事情について、考慮されていないようだ。母体と胎児に最初からぜんそくに関係する要素があったかもしれない」

   また、こんな意見もあった。

「もし、帝王切開とぜんそくに因果関係があるなら、妊婦は気にすべきだろうか? リスクがあったとしても高くない。気に留めておく程度でいいのではないか」

衝撃!新生児の顔に膣液を塗りたくる母ゴコロの理由

   こうした中、帝王切開について衝撃的な論文が英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」(電子版)の2016年2月23日号に載った。「英国や豪州で、帝王切開で生んだばかりのわが子の顔や体に、ガーゼに染み込ませた自分の膣の分泌液を塗ることを希望する母親が増えている」と報告した。

   この行為は「vaginal seeding」(膣液植え付け)と呼ばれ、帝王切開が始まる前に膣内にガーゼを挿入し1時間ほど留置する。そして、医師に頼み、出産後に膣液が染み込んだガーゼを取り出し、新生児の目元や口の周辺、全身に塗りたくってもらうというもの。なぜ、こんな行為をするのか。実は体の中の腸内細菌が関係している。人間の腸内には1000兆個の腸内細菌がすみつき、健康状態や免疫機能を左右している。赤ちゃんが胎内にいる時は、腸内は無菌状態だ。出産で産道を通る時に膣内の細菌を肌や口から取り込んだり、母乳を飲む時に乳首周辺の細菌を口から吸収したりして、母親の腸内細菌を受け継ぐ。

   しかし、帝王切開は産道を通らないので、通常の出産児に比べ腸内細菌が少ない。このため、帝王切開児は免疫力が弱いといわれる。だから、産道を通らなかったわが子に膣液を含んだガーゼで自分の細菌を分け与えるわけだ。実際に、英医学誌「ネイチャー・メディスン」(電子版)の2016年2月2日号は、「vaginal seeding」が新生児の腸内細菌の状態を向上させるとする研究を発表した。4人の帝王切開児にガーゼで膣液を塗りつけた後、膣液を塗らなかった帝王切開児7人、通常出産児7人と腸内細菌の状態を比較した。すると、4人の腸内細菌状態は、膣液を塗らなかった帝王切開児7人よりも向上し、通常出産児7人に近い状態になった。

   もし、帝王切開の子どもに小児ぜんそくのリスクが高いとすれば、腸内細菌が関係しているのだろうか。ともあれ、帝王切開と小児ぜんそくの研究は始まったばかりだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中