高速道路に豚、ブタ、豚... 19頭の捕獲騒動が起きたワケ

印刷

   大阪府池田市の阪神高速道路で事故が発生し、トラックに積まれていた豚が高速道路内を逃げ回る珍事が、2017年6月8日朝に発生した。

   大阪府警によると、事故によって道路上には19頭の豚が逃げ出しており、上り線の一部区間を閉鎖し、捕獲作業が行われた。

  • 高速道路に豚が(@TERU42314さん提供)
    高速道路に豚が(@TERU42314さん提供)

京都から大阪への運搬中の事故

   事故が発生したのは2017年6月8日9時37分。5トントラックが他の車両と接触した際、トラックの荷台に積まれていた豚37頭のうち、19頭が高速道路上へ落下した。その際、接触された車両の運転手が首を痛める軽傷を負った。

   現場に到着後、警察は木部インターチェンジから池田までの約6キロを10時から15時25分までの間封鎖し、豚の捕獲作業を行った。

   トラックの持ち主は京都の養豚業者で、大阪府へ食用豚を運搬している最中だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中