2021年 6月 24日 (木)

ラジオ体操は高齢者に危険って本当? 「膝に負担」の一方で「長寿の源」の声

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   子どもからお年寄りまで、幅広く親しまれている健康法にラジオ体操がある。初めて放送されたのは今から約90年前。今でも、早朝におなじみの軽快なメロディーに合わせて体を動かす人は少なくないだろう。

   一方で近年、高齢者にとってはラジオ体操が健康増進どころか、けがの元になるとの主張がしばしば見られる。

  • 子どもから高齢者まで、幅広い年代で親しまれているラジオ体操
    子どもから高齢者まで、幅広い年代で親しまれているラジオ体操
  • 子どもから高齢者まで、幅広い年代で親しまれているラジオ体操

「足りないところは適切な運動で補うべき」

   「週刊現代」2017年6月24日号で、「実はラジオ体操は『膝』と『腰』を痛めます」との記事が掲載された。朝の運動としてラジオ体操と散歩を10年近く続けていた72歳女性が、昨年から膝の痛みに悩まされるようになった。日課のラジオ体操は続行したが、だんだん痛みが強くなり、病院に行くと「変形性膝関節症」と診断された。「加齢とともに軟骨がすり減ると、半月板が損傷してバラバラになる。その破片が側副靭帯を圧迫して痛みを感じる」との説明だ。この女性の膝に負担をかけ、関節痛を悪化させていた一因がラジオ体操だったそうだ。「跳躍を伴うラジオ体操の動作は、膝に不安のある人には向いていない動き」との、南新宿整形外科リハビリテーションクリニック院長・橋本三四郎氏のコメントを紹介している。

   また64歳男性は、朝礼前のラジオ体操で「思い切り前屈をした瞬間、腰に刺すような痛みが走って...」、病院で椎間板ヘルニアと診断されたという。「急激に腰を動かしたことで、ギックリ腰の症状が出てしまった」のだ。

   2016年、「ラジオ体操は65歳以上には向かない」(太田出版)と題した書籍が出版された。筆者は戸田整形外科リウマチ科クリニック・戸田佳孝院長だ。クリニックのウェブサイトで、「高齢者にはひざを伸ばす筋力トレーニングが欠かせないのです。しかし、ラジオ体操は上半身(腕を回すなど)の運動が中心で、ひざを伸ばす筋肉を鍛える運動がありません......とくに、ひざが痛む人の多い高齢者には、ラジオ体操はあまり向いていません」と主張している。ただし、続けてこう説明していた。

「ラジオ体操をするにしても、その点をよく理解したうえで行い、足りないところは適切な運動で補うべきなのです」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中