2018年 8月 17日 (金)

日本版GPS衛星「みちびき3号」軌道に投入 H2Aロケット打ち上げ成功

印刷

   三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年8月19日14時29分、日本版GPS(全地球測位システム)の実現を目指す測位衛星「みちびき」3号機を種子島宇宙センターから打ち上げ、約30分後に予定の軌道に投入した。

   当初、打ち上げは11日午後に予定されていたが、「みちびき」を搭載したH2Aロケットの不具合や天候不良などで2回にわたって延期されていた。

   みちびきと従来のGPSを併用すると、位置情報の精度が飛躍的に高まる。17年中にさらに1機を打ち上げ、18年春から「みちびき」4機体制で運用する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中