2018年 6月 21日 (木)

白戸家、CMで謎の「おつかれさま」 ついに終了?ソフトバンクに聞いた

印刷

   2007年に始まったソフトバンク(開始当時はソフトバンクモバイル)の「白戸家」CMシリーズに異変が起きそうだ。2017年9月13日、過去10年間を振り返るCMの放送が始まり、その中には「おつかれさま」の文字も。

   この「おつかれさま」、単に10年の節目だからなのか。それとも、ついにシリーズが終了してしまうことに対するものなのか。

  • 「白戸家」シリーズは2007年に始まった。写真は08年夏の発表会のもの
    「白戸家」シリーズは2007年に始まった。写真は08年夏の発表会のもの

「白戸家終わっちゃうんだ...」の声も

   新たに放送が始まった「10周年ダイジェスト篇」では、過去10年のCMのダイジェストとともに、

「今まで10年 いろんなことがありました」
「長いような、短いような」
「やっぱり長かったような」
「おつかれさま」
「10年間ありがとう」

といったメッセージが次々に画面に現れる。

   思わせぶりなメッセージに、ツイッター上では

「え?白戸家おわりなのー」
「白戸家終わっちゃうんだ...」

といった声が相次いだ。

広報室「今後の展開にご期待下さい」

   同日午後には、古田新太さん(51)、竹内涼真さん(24)、杉咲花さん(19)が新たにCMに起用されることも発表された。発表会を取材できたスポーツ紙などの報道によると、部屋でくつろぐ上戸彩さん(31)と樋口可南子さん(58)の頭上でくす玉が割れ、

「10年間ありがとうございました!」

と書かれた垂れ幕が飛び出す映像が流されたといい、撮影現場で上戸さんが泣いたというエピソードまで明かされたという。10年間を振り返る「白戸家展」が9月16、17日に東京・表参道ヒルズで開かれることも発表されたが、CMシリーズそのものがどうなるかについては明らかにならなかったようだ。

   ソフトバンク広報室では、

「現時点では白戸家のCMが今後どうなるかについてお答えできません。今後の展開にご期待下さい」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中