お店で買ったコーンスープ缶が変色してた? ツイートが波紋、メーカー「現在調査中」

印刷

   缶入りのコーンスープを飲んだところ、思わず吐き出してしまうようなとんでもない味がしたため、中身を出してみたら、真っ黒な液体とコーンが出てきた。そんなツイートと写真や動画が相次いで投稿された。

   ネット上では賞味期限前の缶入り飲料がこんな状態になるはずはない、「狂言」ではないかと騒ぎになったが、投稿主はメーカーが謝罪に来たと事実を主張した。いったい何が起こったのか。

  • 真っ黒なコーンと液体が出てきた(写真はポッカサッポロフード&ビバレッジの公式HPより)
    真っ黒なコーンと液体が出てきた(写真はポッカサッポロフード&ビバレッジの公式HPより)

まるで「お汁粉」のような色に

   問題の飲料は、ポッカサッポロフード&ビバレッジの「じっくりコトコト とろ~りコーン」。2017年10月31日、

「コンビニにでコンポタ買ったけど、味えぐいし、コーンも腐ってるやろ。 ガチで気をつけて下さい。 これはホンマにやばいです」

などといったツイートと共に、写真や動画がアップされた。いずれもコンクリートの上に中身を出していて、黄色いはずの液体が真っ黒で、コーンも同じように黒かったため、「小豆入りのお汁粉じゃないのか?」といった感想が出たほどだ。

   ネット上では表示されている賞味期限が18年8月16日とまだ先なことや、飲み口に付いている液体が黄色であること、近くに缶コーヒーが写っていることなどから、「コーヒーを混ぜたに違いない」などと疑われ、一時はアクセス数狙いの「狂言」ではないかと投稿主に対する批判が出た。しかし、

「この話ですが別に信じてもらおうとは思いませんが、全て真実です」

と反論。既にメーカーが謝罪に来ている、と説明した。

   それではメーカーが間違って不良品を出荷してしまったのか、という議論が起きるなか、似たような例があると取り沙汰されたのが、13年1月12日に「ヤフー!知恵袋」に投稿された質問だ。

「現在調査中で結果は追って連絡いたします」

   質問者はこんなことを書いている。

   スーパーで缶ポタージュスープを買って飲んだところ吐き出してしまい、部屋が鉄カビ臭くなってしまった、という内容で、中身を確認したらドロッと粘度を増した茶色に変色したスープがあった、というもの。スーパーが謝罪に来て、店舗で2ヶ月以上保温、常温を繰り返したことが原因の可能性がある、と説明された、と書かれている。

   こうしたことから、

「コンビニで加熱しすぎたために熱劣化しただけ。ウォーマーの調整が高温設定になっていて、中々売れるコンビニでなく、一個だけ商品が取られず残り続けると完成します。一番悪いのは、管理が適当なコンビニ」

などといった解説が掲示板に書き込まれた。

   いったいなぜ今回のコーンスープはこのように変質してしまったのか。J-CASTニュースがポッカサッポロフード&ビバレッジに問い合わせたところ、

「現在調査中で結果は追って連絡いたします」

ということだった。ツイッター投稿主の「狂言」なのか、製品の品質に問題があったのかはまだ分からないという。ただし、コーンスープに限らず、缶コーヒー、缶ジュース類を含め加熱するものに関しては、加熱により色や味が変わるなどの中身の変質は全くない、とはいえないのだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中