2019年 8月 26日 (月)

排気ガスの多い都心部では健康効果ナシ ウオーキングは緑の多い場所で、英大学が実証

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「1日に30分以上、週5回のウオーキングが万病を防ぐ」とよくいわれるが、歩く場所を間違えるとせっかくの健康効果が台無しに!

   英デューク大学とロンドン大学の研究チームが、大気汚染のひどい都会の繁華街と緑地公園を歩く実験を行なった結果、汚染のひどい地域を歩いてもほとんど効果がないことがわかった。研究成果は科学誌「The lancet」(電子版)の2017年12月5日号に発表された。研究者は「都心部を歩いても健康効果が相殺される。緑の多い所を歩こう」と勧めている。

  • ウオーキングは緑の多い所で
    ウオーキングは緑の多い所で

日本でも「皇居周回」コースのラン&ウオークで論争

   日本でもランニング、ウオーキングブームを反映し、皇居周回コースを走ったり、歩いたりする人が増えている。しかし、よくインターネット上では「排気ガスを吸うから健康に良くないのでは」と何度も論争になっている。

   研究を行なったデューク大学のプレスリリースによると、研究チームは60歳以上のボランティア119人にロンドン市内の2つの場所を歩いてもらった。1つはロンドンでいちばん車と人通りの多い場所オックスフォードストリートだ。東西2キロ、有名デパートやレストランが立ち並び、世界中から観光客が訪れる。東京でいえば銀座の目抜き通りのようなところだ。もう1か所は市の中心部にある広大なハイドパーク。散歩やジョギングを楽しむ人が集まる市民の憩いの公園だ。東京でいえば代々木公園のような場所だ。

   ボランティアは、健康な人、慢性閉塞性肺疾患(かつて気管支炎、肺気腫と呼ばれた肺の病気の総称)や軽度の心臓病を抱える人の3つのグループに分けられた。そして、ウオーキングの前後に、血圧、血流量、肺活量、動脈硬化(血管の柔軟度)を測定した。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中