薬物混入のカヌー選手に「生命体として終わってる」 競泳・高桑「勝てないと思うならやめた方が」と痛烈批判

印刷

   カヌーの日本選手権で、鈴木康大(32)がライバルの小松正治(25)のドリンクに禁止薬物を混入させた問題について、五輪2大会出場の元競泳・高桑健(32)が「生命体として終わってる気がする」とツイッターで痛烈に批判した。

   また、「勝てない、無理だと思うならもうやめた方がいい」と選手としての引き際について諭してもいる。

  • 日本カヌー連盟公式ウェブサイトから
    日本カヌー連盟公式ウェブサイトから

「他の選手の飲み物にドーピング薬物入れるとか...」

   鈴木は2017年9月のカヌー・スプリント日本選手権で小松のドリンクに禁止薬物の筋肉増強剤を混入させ、小松にドーピング違反を引き起こしていた。日本カヌー連盟は18年1月9日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が鈴木に8年間の資格停止処分を下したことを公表。鈴木は他のライバル選手にも、競技用具を盗むなどの妨害行為を繰り返していたことも明るみに出た。

   鈴木の行為に対して強い言葉を放ったのが北京・ロンドン五輪代表の元競泳・高桑健。ツイッターで10日、

「他の選手の飲み物にドーピング薬物入れるとかwwww選手云々以前に生命体として終わってる気がする」

と投稿した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中