2019年 1月 19日 (土)

薬物混入のカヌー選手に「生命体として終わってる」 競泳・高桑「勝てないと思うならやめた方が」と痛烈批判

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   カヌーの日本選手権で、鈴木康大(32)がライバルの小松正治(25)のドリンクに禁止薬物を混入させた問題について、五輪2大会出場の元競泳・高桑健(32)が「生命体として終わってる気がする」とツイッターで痛烈に批判した。

   また、「勝てない、無理だと思うならもうやめた方がいい」と選手としての引き際について諭してもいる。

  • 日本カヌー連盟公式ウェブサイトから
    日本カヌー連盟公式ウェブサイトから

「他の選手の飲み物にドーピング薬物入れるとか...」

   鈴木は2017年9月のカヌー・スプリント日本選手権で小松のドリンクに禁止薬物の筋肉増強剤を混入させ、小松にドーピング違反を引き起こしていた。日本カヌー連盟は18年1月9日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が鈴木に8年間の資格停止処分を下したことを公表。鈴木は他のライバル選手にも、競技用具を盗むなどの妨害行為を繰り返していたことも明るみに出た。

   鈴木の行為に対して強い言葉を放ったのが北京・ロンドン五輪代表の元競泳・高桑健。ツイッターで10日、

「他の選手の飲み物にドーピング薬物入れるとかwwww選手云々以前に生命体として終わってる気がする」

と投稿した。

「自分のステータス高めればいい」

   高桑はさらに、

「古賀淳も言ってたけど勝てない、無理だと思うならもうやめた方がいい。辞めないならあの手この手で自分のステータス高めればいいのに」

との見解も投稿。9日、リオデジャネイロ五輪でリレー代表の競泳・古賀淳也(30)がツイッターで、カヌーの問題を受けて

「スポーツ選手としては勝てないとか、頑張っても目標を達成できないと思ってしまったならそこが引き際じゃないかな。この人の場合は人としての生き方の問題かもしれないけど。もう自分の中で当たり前になってたんだろうな」

と発信していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中