2019年 3月 21日 (木)

残業代を請求された有名漫画家がとった行動 「問題提起に私は感謝しています」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   元アシスタントから残業代を請求されていた「ドラゴン桜」などで知られる漫画家の三田紀房さんが2018年1月17日、公式サイトを更新して15日に残業代を支払ったことを報告した。

   残業代を請求していた元アシスタントで漫画家のカクイシシュンスケさんも17日にブログを更新し、残業代が支払われた旨を報告。請求に至った背景を振り返り、アシスタントの地位向上を目指し、「出来る限りのことをやっていこうと思います」とつづった。

  • 残業代支払を報告(画像は三田紀房さんの公式サイトから)
    残業代支払を報告(画像は三田紀房さんの公式サイトから)

「人の意識が変わっていってくれたらなと...」

   漫画家のアシスタントの残業代問題は、カクイシさんが1月7日にアップしたブログで、5日に「ヤフー!ニュース」で公開された、三田さんが「アシスタントは週休3日、残業は禁止」という内容を語ったインタビュー記事に対し、「残業は今までさんざんしましたよね?」と反論したことに端を発している。

   更に、三田さんが作画を外注している会社に対してはヒットに応じたインセンティブを渡す契約になっている反面、アシスタントにはそういったものは無かったことを挙げ、漫画家の立場が強いため、アシスタントの訴えは「どうとでも言いくるめられる」と考えたのではないかと主張。業界内でもアシスタントの扱いが「マシな方」の三田さんに対して残業代を請求することで、

「少しでもマンガ制作に携わる人の意識が変わっていってくれたらなと思ってこういうことをしています」

とつづっている。

   これに対して複数の漫画家が反応し、うすた京介さんが

「どの職場を選ぶかも自由。そもそも漫画家なんてまともな仕事じゃないんだから嫌なら就職しなさい」

とツイートし炎上するなど、波紋が広がっていたが、今回、三田さんが残業代を支払ったことで、一応の決着となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中