2018年 10月 15日 (月)

カラテカ入江、「懐かしい」15年前の「金髪姿」 一方、相方・矢部は...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也さん(40)が2018年3月22日夕、相方の矢部太郎さん(40)らと約15年前に撮影したという写真をインスタグラムで公開した。

   写真は、人気番組「電波少年」シリーズの海外ロケで撮ったもの。当時の入江さんは、今とはイメージの異なる派手な金髪姿で、顔は真っ赤に日焼けしている。一方、相方の矢部さんは......。

  • 15年前の「カラテカ」の2人。入江さんは金髪だ(写真は入江さんのInstagramより)
    15年前の「カラテカ」の2人。入江さんは金髪だ(写真は入江さんのInstagramより)
  • 2017年の「カラテカ」(写真はお笑い芸人・てつみちさんのInstagramより)
    2017年の「カラテカ」(写真はお笑い芸人・てつみちさんのInstagramより)

「矢部は体重が今と全く変わっていません」

   入江さんは21日に、40歳を祝う「W(ダブル)成人式」というイベントを開催。今回の投稿では「懐かしい写真です」として、15年前に「電波少年」のロケで訪れたアフリカで撮影したという一枚をアップした。

   この写真に映っているのは、カラテカと女性スタッフの3人。当時25歳だったという入江さんは、白いTシャツ姿で髪は金色に染めている。顔や手は日焼けしていて、カメラに向かって笑顔でピースサイン。今よりも体は細く、顔立ちも幼く見える印象だ。

   一方の矢部さんはカメラの前でも直立不動で、顔や体型も15年後の現在と比べてもあまり雰囲気が変わったようには見えない。実際、入江さんも投稿に添えたコメントで、

「矢部は体重が今と全く変わっていません」

と報告している。

   こうした写真について、インスタグラムのコメント欄には、「懐かしいですね~」「わかっ」との声が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...