2019年 9月 21日 (土)

松本人志が突然「卑怯な者は負ける!」 世界卓球「南北合同チーム」結成のことか

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

「政治がスポーツへ介入してきた問題」

   韓国と北朝鮮は4月27日に南北首脳会談を実現させ、文在寅・大統領と金正恩・朝鮮労働委員長が手をつないで軍事境界線を越える姿などは、協調路線を世界に印象づけた。それからわずか1週間での、異例の合同チーム結成。スポーツの政治利用を勘繰らせるとして議論が起きている。

   早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の友添秀則教授(スポーツ倫理学)は、4日放送「NEWS 23」(TBS系)で、「途中から特定の参加者だけが有利になるようなルールでの大会というのは、基本的にはスポーツというに値しないのではないか」と、選手層が厚くなり不公平が生じることに疑義。そのうえで、

「平和の問題ではなく、政治がスポーツへ介入してきた問題だととらえるべきだと思う」

と主張している。

   フジテレビ報道局解説委員長の反町理氏は、ツイッターで4日、

「国際卓球連盟は北の強敵に勝って涙した石川を『歴史的な決闘を勝ち取った』と報じたが、連盟は突然の合併がもたらした日本へのプレッシャーや政治をスポーツに持ち込ませた責任を真面目に考えるべきだ」

と提言した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中