2018年 10月 21日 (日)

栗城さん死去、支援企業も追悼 リクルート「信じられない」、江崎グリコ「とても悲しく残念」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが2018年5月21日、自身8度目となるエベレスト登山中に死亡したことを受けて、彼の活動を支援してきた企業からも追悼のコメントが出ている。

   11年から支援を続けている江崎グリコは、特設サイト上で「チャレンジの途中でこのような結果となってしまったことが、とても悲しく残念でなりません。謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

  • 訃報を伝えた栗城史多さんのブログ
    訃報を伝えた栗城史多さんのブログ

Abemaは番組中止「栗城さんから応援依頼を頂き...」

   江崎グリコは栗城さんの活動を紹介する特設サイトを運営しており、5月18日にもエベレストでの様子を紹介。現地で体調を崩していたという栗城さんを心配しつつ、

「現地では、グリコのパワープロダクションやDONBURI亭を活用頂いております。グリコ商品が少しでも力になれば、嬉しいです!何よりも安全第一で!皆様、栗城さんのアタックを応援しましょう!」

との思いを書き込んでいたばかりだった。

   また、17年から支援を始めたリクルートも、訃報を受けて「いまだに信じられない気持ちです」とツイート。その上で、

「前回のチャレンジより応援させていただいており、社内の講演会でもたくさんのメンバーたちが勇気をいただきました。多くの方々も力をいただいていたと思います。残念で仕方がありません。ご冥福をお祈りいたします」

と悔やんだ。

   また、21日夕から登頂の様子を生中継する予定だったインターネットテレビ「Abema TV」は、訃報を受けて番組の放送を中止。局の公式ツイッターで、

「登山家の栗城史多さんがエベレスト下山中にお亡くなりになりました。栗城さんから応援依頼を頂き、ご準備されていた映像の同時生中継を我々も予定しておりましたが、叶わない結果となりました。ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます」

とのコメントを発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中