2018年 9月 22日 (土)

「一発レッド」込み、香川のPKでコロンビアから先制 日本最高の立ち上がり

印刷

   日本が因縁の相手に最高の立ち上がりだ。

   ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦・コロンビア戦は2018年6月19日に行われ、前半6分に香川真司のPKで先制点をあげた。

  • 先制点の香川真司
    先制点の香川真司

FKで追いつかれる

   前半6分、最前線に抜け出した大迫勇也が放ったシュートはGKオスピナに防がれたが、こぼれ球に詰めていた香川がダイレクトシュート。これをカルロス・サンチェスが両腕を広げて防いだが、腕に当たったことでハンドの判定に。決定的なシーンを故意のハンドで止めたCサンチェスには一発レッドカードが提示された。自らキッカーを務めた香川が冷静に決め、日本はブラジルW杯で屈辱の4失点惨敗を喫したコロンビアに、立ち上がりで先制、しかも相手は守備の要を1人失うというこれ以上ないゲームの入り方をすることに成功した。

   優勝をねらうコロンビアはその後猛攻。だが守備に不安を残す陣容に敵将ペケルマン監督は動いた。前半31分、右サイドで猛威を振るうクアドラードを早々に下げ、かわって守備的な中盤のバリオスを投入した。

   流れに乗るかに見えた日本だが、前半39分に隙をつかれた。ペナルティエリア近くでエースのファルカオと接触した長谷部誠がファール。直接FKを、名手キンテーロが直接ゴールした。グラウンダーのシュートに川島永嗣は横っ飛びしたが、キャッチしたのはゴール内。ゴールラインテクノロジーでインと判定された。

   1-1で前半終了。NHK中継で解説の岡田武史氏は「まだ有利。1人多い。ハーフタイムでメンタルを持ち直してほしい」と助言した。

   ツイッターでも「1-1ならまだ勝てる」「人数有利なんだから攻めてほしい。防戦一方になってやる必要なんか無い これは勝てる試合だよ」といった声が多い。運命の後半が始まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中