2018年 11月 19日 (月)

サンド伊達、仙台舞台の漫画に感動 「『サンドウィッチマン』も不意に出てきて...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(43)が、2018年6月26日にブログを更新。伊達さんの出身地である仙台市に馴染みのある漫画「BLUE GIANT」(小学館、作・石塚真一氏)を読み、作中に登場する風景に思いを馳せた。

  • 伊達みきおさんのブログより
    伊達みきおさんのブログより

実在する店が作中に登場

   伊達さんは同日、「BLUE GIANT」に最近夢中だと明かした。

   「仙台の高校生が世界一のJAZZプレイヤー(テナーサックス)を目指して奮闘する話。漫画には、僕らが仙台商業高校時代に3年間毎日通ったパン屋さん『定進堂』も出てくるし、良く食べに行った仙台フォーラス地下の『北京餃子』も出てくるし...‥凄く身近な感覚で楽しく読んだ。そして更には『サンドウィッチマン』というワードも不意に出てきてビックリした(笑)」と投稿。

   作中に登場している飲食店は仙台市内に実在している。相方の富澤たけしさん(44)と高校生の頃よく訪れていたことを思い出し、漫画を読んで故郷と重なる風景に親近感を覚えたという。

   なお、作者の石塚さんは茨城県出身だが、石塚さんの担当編集者が仙台出身であることや、仙台市で毎年9月に行われるジャズフェスティバル「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」があることから、舞台を仙台にした、とみられている。

   伊達さんの今回の投稿に対し、コメント欄では

「ホントにある場面知ってる場所や人が出てきたり、自分まで登場するなんて、そりゃ、楽しくて宝物の本 なりますね。」
「思い出の店が出てきた漫画、よく見つけましたね」
「面白そうな漫画ですね。私も読んでみよっかな」

といった声が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中