2022年 1月 22日 (土)

道頓堀ダイブ、あおるマスコミも問題? 吉村市長が持論「死傷者が出たら、行政は何をと...」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ニッポン!」の掛け声が響く夜の道頓堀、欄干を乗り越えたサポーターが、一人、また一人と川へと飛び込んでいく――サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)、日本代表は予想以上の健闘中だ。そんな中、大阪で繰り返し演じられたのが、この「道頓堀ダイブ」である。

   困っているのが、大阪市の吉村洋文市長だ。ポーランド戦を直前に控えた2018年6月27日深夜、ツイッターでは、テレビ局などメディアへの苦言が飛び出した。

  • 飛び込みが問題になっている道頓堀川
    飛び込みが問題になっている道頓堀川
  • 大阪市が掲載している呼び掛け文
    大阪市が掲載している呼び掛け文
  • 飛び込みが問題になっている道頓堀川
  • 大阪市が掲載している呼び掛け文

戎橋には「危険」と貼り紙も

   恒例「ダイブ」の現場となっているのは、道頓堀川にかかる戎橋だ。日本代表の試合が行われた19日夜、25日未明には多くのサポーターが集まり、お祭り騒ぎに。デイリースポーツ(ウェブ版)の27日配信記事によれば、セネガル戦後の25日未明には、実に20人が夜の水面に身を投じた。

   とはいえ、「ダイブ」には万が一の事故のリスク、そして衛生面でも問題がある。さらに今回は、サポーターたちが一斉に飛び跳ねたことで、想定を超えた負荷がかかり、戎橋がぐらつく場面も。

   これまでにもツイッターなどで注意喚起してきた吉村市長だが、決勝トーナメント進出がかかるポーランド戦を前に、「ダイブ」を取り上げるメディアへの不満をつぶやいた。

「テレビメディアが、道頓堀にダイブするところを放送して、『今、一人飛び込みました!また、次の人が飛び込みました!』って面白おかしく放送するのも問題だよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中