2018年 9月 20日 (木)

道頓堀ダイブ、あおるマスコミも問題? 吉村市長が持論「死傷者が出たら、行政は何をと...」

印刷

   「ニッポン!」の掛け声が響く夜の道頓堀、欄干を乗り越えたサポーターが、一人、また一人と川へと飛び込んでいく――サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)、日本代表は予想以上の健闘中だ。そんな中、大阪で繰り返し演じられたのが、この「道頓堀ダイブ」である。

   困っているのが、大阪市の吉村洋文市長だ。ポーランド戦を直前に控えた2018年6月27日深夜、ツイッターでは、テレビ局などメディアへの苦言が飛び出した。

  • 飛び込みが問題になっている道頓堀川
    飛び込みが問題になっている道頓堀川
  • 大阪市が掲載している呼び掛け文
    大阪市が掲載している呼び掛け文

戎橋には「危険」と貼り紙も

   恒例「ダイブ」の現場となっているのは、道頓堀川にかかる戎橋だ。日本代表の試合が行われた19日夜、25日未明には多くのサポーターが集まり、お祭り騒ぎに。デイリースポーツ(ウェブ版)の27日配信記事によれば、セネガル戦後の25日未明には、実に20人が夜の水面に身を投じた。

   とはいえ、「ダイブ」には万が一の事故のリスク、そして衛生面でも問題がある。さらに今回は、サポーターたちが一斉に飛び跳ねたことで、想定を超えた負荷がかかり、戎橋がぐらつく場面も。

   これまでにもツイッターなどで注意喚起してきた吉村市長だが、決勝トーナメント進出がかかるポーランド戦を前に、「ダイブ」を取り上げるメディアへの不満をつぶやいた。

「テレビメディアが、道頓堀にダイブするところを放送して、『今、一人飛び込みました!また、次の人が飛び込みました!』って面白おかしく放送するのも問題だよ」

過去には「テレビ自粛」の要請も

   実際、一連の「道頓堀ダイブ」の様子は、複数のテレビ局が紹介している。たとえばセネガル戦後の25日朝の「とくダネ!」(フジ系)では、未明の「ダイブ」をVTRで取り上げていた。

「えー、いま男性が一人、川に飛び込みました!」

と叫んだのは、橋の下の「ベストポジション」から、その様子を取材していた女性レポーターだ。VTRでは続けて、「後ろ向きです! 後ろ向きで飛び込みました」「服を着用した男性です、靴下をはいたまま飛び込みました」と叫び続ける。

   その後のナレーションでは「危険な行為」と断じたものの、市長が言うように「面白おかしく放送」していると言えなくもない。

   テレビ放送がダイブをあおっている、との見方は、これに始まったものではない。2003年、阪神タイガースが18年ぶりのリーグ優勝を果たした際には、事前に地元商店会が放送の「自粛」をテレビ局に要請した。

マスコミのせいで「飛び込みで有名な場所に」?

   実際に阪神が優勝を決めると、NHKは映像を使わなかったが、複数の民放ではそのまま、ダイブの様子を電波に乗せた。当時の商店会長は、「マスコミが載せるので、飛び込みで有名な場所になってしまった。報道の自粛もお願いしてきたが、何も変わらない」とぼやいている(東京新聞、2003年9月17日付朝刊)。

   さて話を戻すと、吉村市長のツイートはこう続いている。

「そして、もし、死傷者が出たら、『行政は何をしてたのでしょうか!』と報道するだろう」

   道頓堀川への飛び込みでは、2015年に「年越しダイブ」を行った韓国人観光客1人が亡くなったこともある。市では今回、26日付で「危険!やめて!道頓堀川への飛び込み・戎橋などでのジャンプ!」と題した文書をサイトに掲載するなど、ダイブ・飛び跳ね行為をしないよう呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中