2019年 12月 6日 (金)

気象予報士・森田正光が「サマータイム」に反対する理由 日本の夏は「暑すぎる」!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「もう識者の中では結論が出てる」

   五輪組織委員会の森喜朗会長らが時計を2時間進めるサマータイムの導入を求める理由としては、気温が高くない早朝を活用することによる「酷暑対策」が取り沙汰される。つまり「暑すぎるからサマータイムを」という点があるわけだが、森田氏は「2時間やそこらずらしても一緒です」とし、気候の面から次のように話している。

「うちのスタッフが調べてくれたんですが、2時間ずれると(サマータイムの)7時が(標準時の)5時になるということですよね。これ、(気温が)最大1~2度しか違わないんですよ、朝。一方で昼間の時間帯は33~35度などとずっと暑いわけです。結局、朝早い時間を有効活用しようとか、涼しい時間に何かしようと言っても、温度も湿度も変わらない。アジアでは気候的に無理じゃないかということです」

   1~2度という気温差については、

   「ほとんど誤差ですよね。それでは朝早起きした意味がない。日本というかアジアの夏が欧米と違うんですよ。熱帯の夏と同じですから、北米のような感覚では無理です」

と切り捨てた。さらに、

「このことは何回も議論されてきて、もう識者の中では結論が出てるんです。またかと思ってるでしょう、試算した人々は」

と呆れていた。

   欧州ではサマータイム廃止論が持ち上がっている。健康リスクへの懸念や、期待されていた経済効果に疑問が生じたためで、EU(欧州連合)は加盟各国の世論調査をふまえて今後の対応を検討する。こうした動きに森田氏は、「慣れているところでも、だんだんおかしいのではないか、となってきている」と述べていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中