2018年 10月 22日 (月)

「席」以外でも「譲り合いを」 丸ノ内線「30年ぶり」新型車両に導入されたモノ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京メトロは2018年10月11日、丸ノ内線の新型車両「2000系」を報道陣に公開した。新型車両の導入は約30年ぶり。

   外装では丸ノ内線のシンボルでもある鮮やかな赤や「サインウェーブ」を引き続き生かしながら、車両内部も丸窓を採用したりして路線名にもある「丸」を強調。同社としては初めて携帯電話用のコンセントも導入。争奪戦も起こりそうだ。

  • 2000系は「グローイング・スカーレット」と呼ばれる鮮やかな赤色をベースにしている
    2000系は「グローイング・スカーレット」と呼ばれる鮮やかな赤色をベースにしている
  • 白い帯の中にある「サインウェーブ」が特徴だ
    白い帯の中にある「サインウェーブ」が特徴だ
  • コンセントは車両端にある丸窓の斜め下にある
    コンセントは車両端にある丸窓の斜め下にある
  • 手すりや窓など「丸」を強調したデザインだ
    手すりや窓など「丸」を強調したデザインだ
  • 現行の02系。09年にリニューアルされた車両では「サインウェーブ」が復活した
    現行の02系。09年にリニューアルされた車両では「サインウェーブ」が復活した

現行の02系はリニューアルで「サインウェーブ」復活

   歴代丸ノ内線の車両の特徴のひとつが、白帯の中に「サインウェーブ」と呼ばれるステンレスのカーブを配したデザインだ。1957年から96年にかけて活躍した500形は赤地に白帯、その白帯の中にステンレスのカーブを配したデザインが有名だ。88年に登場した02系はアルミの車体に赤い赤帯。この段階ではサインウェーブは姿を消したが、2010年のリニューアルで赤帯の中に白でサインウェーブが書き込まれた。

   今回お披露目された2000系は、先々代の500形を連想させる「グローイング・スカーレット」と呼ばれる鮮やかな赤色がベースで、ドアや窓の上にサインウェーブ入りの白いラインが入った。

   機能面では、02系と比べて消費電力が27%少なくなり、停電で駅の間に停止した場合でもバッテリーで最寄り駅まで走れるようになった。前面の行先表示器には、「M01」(荻窪)といった駅ナンバリングが表示され、車内の17インチディスプレーには4か国語で乗り換えや駅設備を表示。漢字が読めない外国人観光客にも分かりやすくなった。無料無線LANも備えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中