2019年 11月 19日 (火)

悪ふざけバイトに「法的に厳粛な対応」 くら寿司、動画騒動で謝罪

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   回転寿司チェーン「くら寿司」のアルバイト店員がゴミ箱に捨てた魚の切り身をまな板に戻す様子の動画がツイッター上に投稿され、くら寿司側がサイト上で「不適切」だったとして謝罪した。

   数日前には、他の外食チェーンでバイトの悪ふざけ動画が騒ぎになったばかり。ネット上では、こうした不祥事を防ぐためにも厳しい対応を求める声が相次いでいる。

  • ゴミ箱から切り身を取り出すアルバイト店員(ツイッター投稿の動画から)
    ゴミ箱から切り身を取り出すアルバイト店員(ツイッター投稿の動画から)

ゴミ箱に捨てたハマチの切り身をまな板に戻す

   「これを、では...」。マスクにゴム手袋をした青い帽子の若い男性店員が、まな板に置いたハマチの切り身を包丁で2つに切る。そして、「これを、もう捨てます」と言って、近くのごみ箱にポンと投げ捨てる。

   この行為に、他の男性の声で「しょうがねえ、しょうがねえ」と笑う声が聞こえた。しかし、捨てた店員は、ごみ箱に両手を突っ込み、切り身を取り出して、まな板に再び戻していた。

   この13秒ほどの動画は、2019年2月4日ごろにツイッター上に投稿された。店内でスマホなどを使って撮影されたらしい。その後、ほかのアカウントに転載されて拡散し、1万件以上もリツイートされる騒ぎになった。

   動画を載せたツイッターアカウントはすぐに削除されたが、その内容から店員の名前なども特定され、くら寿司側に問い合わせる動きも相次いだ。

   これに対し、くら寿司を運営する「くらコーポレーション」は2月6日、サイト上に「当社従業員による不適切な行為とお詫びについて」と題する文書をアップした。

   そこでは、大阪府内の守口店の店内で、アルバイト店員が「不適切な行為を行った」と認め、「大変不快で不安な思いをさせてしまいました」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中