2019年 8月 26日 (月)

ジャニーズにテレビ局が「忖度しなくなる」可能性も 元SMAP3人「次の編成ぐらいに...」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ジャニーズ事務所がテレビ局にかけていたとされる「圧力」について、NHKは、その具体的なケースを報じ、波紋が広がっている。

   事務所では、圧力を否定するコメントを発表しているが、実際にはどうなのだろうか。

  • ジャニーズ事務所はテレビ局への圧力を否定
    ジャニーズ事務所はテレビ局への圧力を否定

加藤浩次も「暗黙の了解」に言及

   報道によると、公正取引委員会は2019年7月17日までに、元SMAP3人を出演させないよう民放テレビ局などに圧力をかけた疑いがあり、独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。

   注意とは、公取サイトによると、証拠が得られないものの、違反につながる恐れがある行為に対し、未然防止を図る観点から行う。これは、証拠があるときの排除措置命令のような法的措置ではないそうだ。

   具体的な「圧力」について、NHKは、「民放テレビ局などに対し独立した3人を出演させれば、所属タレントの出演が難しくなるなどと感じさせる言動」があったと報じた。

   このほか、18日放送の日本テレビ系「スッキリ」で司会の加藤浩次さんは、業界では暗黙の了解だとして、大手事務所を独立したタレントが何年かテレビに出られなくなる例は、ジャニーズ事務所に限らずあると指摘した。

   一方、テレビ局側にも問題があったのではないかとされており、毎日新聞のウェブ版記事によると、民放テレビ局幹部は、圧力があったとは聞いていないが、「制作側が過剰に忖度する構図はあったかもしれない」と証言した。

   ニュースのコメント欄やツイッター上では、「やっぱりって感じですね」「『公然の秘密』で、驚いている人はいない」「問題なのはテレビ局だと思う」などと圧力や忖度はあったのではとの見方が強く、ジャニーズ事務所の幹部などに記者会見を開くことを求める声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中