2019年 12月 14日 (土)

サービス再編は「経営統合後に議論」 ヤフー・LINE会見で表明

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日本国内の大手ITプラットフォーマーが一つになる。ソフトバンクグループのIT大手ヤフーを傘下にするZホールディングス(ZHD)と、LINEは2019年11月18日、経営統合に合意したと発表した。

   基本合意書では、重複するサービスの統廃合を含めた検討もするとしている。

  • 会見に出席したZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長
    会見に出席したZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長

「それぞれの弱さを補っていく」と強調

   ZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長は18日、東京都内で記者会見を開いた。

   会見では統合の詳細が説明され、ソフトバンクと、LINEの親会社である韓国ネイバー(NAVER)がそれぞれ50%ずつを出資する統合会社を設ける。その傘下にZHDを置き、さらにZHDの子会社として、LINEの事業承継会社やヤフーが入る。

   川邊氏と出澤氏をZHDの共同最高経営責任者(CEO)とし、社長には川邊氏が就任する。来年10月までに統合する見込みだ。

   両社は、スマホ決済の「PayPay」「LINE Pay」やメディアの「ヤフーニュース」「LINEニュース」など、重複するサービス分野を多く抱える。一部はターゲットが異なるものの、統合することで"共食い"も起きうる。

   統合会社には、サービスの再編を進める「プロダクト委員会」を設置し、CPO(最高プロダクト責任者)はLINEの慎ジュンホ氏が就く。

   川邊氏は会見で「それぞれの弱さを補っていく」と強調し、LINEが弱いEコマースと、ヤフーが現在参入していないメッセンジャーアプリを例に挙げた。

   基本合意書には、プロダクト委員会でサービスの開発や廃止などを決めていくと書かれている。出澤氏は経営統合を果たした後に「徹底的に議論していく」として、現時点でサービスの合従連衡については未定のようだ。

両社のサービス一覧図
両社のサービス一覧図
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中