2021年 3月 5日 (金)

国内球団の再獲得あるか? プロ野球・助っ人外国人、退団組の「評判」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   シーズンが終わった余韻もさめやらぬ中、来季に向けてプロ野球各球団は早くも始動している。

  • まだまだ活躍が期待できる選手は…(イメージ)
    まだまだ活躍が期待できる選手は…(イメージ)
  • まだまだ活躍が期待できる選手は…(イメージ)

「フルで出場すれば30本塁打は打つ可能性」

   注目されるのが外国人の去就だ。メジャー92本塁打の触れ込みで長距離砲として期待された阪神のジャスティン・ボーアは今季限りで退団が決まった。99試合出場で打率.243、17本塁打。推定年俸2億7500万円と高額だったのもネックになった。満足できる成績とは言い難い。ただ他球団のスコアラーはボーアを高く評価している。

「飛距離は飛び抜けているし、逆方向にも打てる。日本の野球を1年間経験したことで配球を把握し、2年目はもっと打つと思う。甲子園は浜風があるので左打者に不利ですが、他の球場が本拠地だったらフルで出場すれば30本塁打は打つ可能性が十分にあります。大幅減俸になる可能性はありますが、それでもボーアが日本でプレーしたいなら獲得に興味を示す球団はあると思います」

   NPBで8年間プレーしたDeNAのホセ・ロペスも来季の構想から外れた。今季は開幕以来調子が上がらず、来日以来最少の81試合出場で打率.246、12本塁打。日米史上初の2000安打を達成したが、DeNAに別れを告げる形となった。ただ、来年は外国人枠から外れて日本人選手と同じ扱いになる。甘い球をスタンドに運ぶパワーは健在。一塁の安定した守備も光る。「チャモさんはこのチームの父親みたいな存在。プレーと言葉でチームを鼓舞していた」とDeNAの選手たちが口をそろえるリーダーシップも持ち合わせている。今季20本塁打以上をマークしたのは村上宗隆のみと長距離砲が不足しているヤクルトなどは獲得を検討する価値が十分にあるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中