2021年 5月 10日 (月)

トランプ氏「ツイッター劇場」幕切れか 凍結直前の「2つの投稿」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米大統領選をめぐり「選挙が盗まれた」と主張してきた米国のトランプ大統領は、最終盤で、その発信手段を失うことになった。連邦議会で選挙人投票の集計が進む中、2021年1月7日未明(日本時間)にトランプ大統領の支持者が議会の建物に侵入。警察が催涙弾を使用して排除するまで、一時議事堂は閉鎖された。

   トランプ氏は「暴力を起こしてはいけない」などとツイートしたものの、ツイッター社はトランプ氏のアカウントを一時凍結。トランプ氏が凍結直前のツイートで、動画やテキストを使って選挙の不正を主張したためだ。これまでは、トランプ氏の「選挙不正」を主張するツイートには警告がついていたが、警告にある「表示する」のリンクをクリックすれば内容は見られるようになっていた。ツイッター社としては、トランプ氏が具体的な根拠を示さないまま「選挙不正」の主張を続け、議会への侵入劇につながったことを受け、対応を強化した形だ。

  • 凍結される直前のトランプ大統領のアカウント。「神聖で地滑り的に勝利した選挙」が「あまりにも、あっさりと奪われた」と主張している。現時点では、このツイートは見られない状態になっている
    凍結される直前のトランプ大統領のアカウント。「神聖で地滑り的に勝利した選挙」が「あまりにも、あっさりと奪われた」と主張している。現時点では、このツイートは見られない状態になっている
  • 凍結される直前のトランプ大統領のアカウント。「神聖で地滑り的に勝利した選挙」が「あまりにも、あっさりと奪われた」と主張している。現時点では、このツイートは見られない状態になっている

最初は冷静になるように呼びかけるだけだったのに

   今回の問題の発端は、トランプ氏が集会で行った演説で、支持者に対して議事堂に向かうように呼びかけたことだ。4時頃に支持者が警官の警備を突破して議事堂に侵入したことを受けて、トランプ氏は4時38分に

「どうか議会警察と法執行機関を支持してほしい。彼らは『我が国の側』にいる。平和にしてほしい」

と平静を呼びかけるツイートを発信。5時13分にも、

「議事堂にいる皆さんには平和を保つようお願いしたい。暴力を起こしてはいけない。我々は法と秩序の党だ、ということも思い出してほしい。法と警察を尊重してほしい」

と呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中