2021年 8月 3日 (火)

渡部建のブログ内検索で「ウニ」「マグロ」... 出てきた海鮮グルメの数々とは

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京・豊洲市場でのアルバイトが話題になっている、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)。「日刊大衆」など各メディアがその姿を次々と報じており、その注目度は高い。2021年2月25日発売の「女性セブン」(3月11日号)は渡部さんがウニを並べる作業をしていたと報道。関係者の話としてその姿が「サマになっていた」と伝えている。

   渡部さんの芸能界からの転身ぶりを伝えるニュースには大反響が上がっており、ネット上には「いいね。人間磨かれるよ」といった声が上がっているほか、その一方で、「豊洲市場で働くのは禊やない」といった、豊洲市場での労働を禊とすべきではないといった反発も上がるなど、賛否が入り乱れている状況。だが、渡部さんが同所での活動を禊と位置付けているか否かは別にしても、渡部さんはこれをきっかけに再生するのではないだろうか。

  • 渡部建さん(2020年撮影)
    渡部建さん(2020年撮影)
  • 渡部建さん(2020年撮影)

豊洲市場で働く以上、嫌でも見えてくる「海鮮グルメ評論家」への道?

   というのも、渡部さんは件の不倫報道以前は芸能活動と並行して頻繁にブログを更新し、自身が訪れた飲食店を料理の写真と共に紹介。また、テレビ出演の際にはグルメの知識を披露するなど、これらのグルメ活動が本人のセールスポイントとなっていたことは記憶に新しい。

   その渡部さんが豊洲市場で働くとなれば、現在は芸能活動が不可能になっている渡部さんとはいえ、嫌でも「海鮮グルメ評論家」への発展的転身の道が開けてしまうのではないだろうか。何しろ、これまで培ってきた知識はスキャンダルで失われるなどということはない上に、魚介類の仕入れについての知識も手に入ってしまうからだ。

   その渡部さんの公式ブログ「渡部建のわたべ歩き」を見てみると、その更新は不倫報道直前の2020年6月8日が最後。内容は自身のYouTubeチャンネルの内容を説明するものだが、同ブログで渡部さんは不倫報道が出るまでは、ことあるごとに自身が訪れた飲食店を料理の写真と共に紹介していたのは前述の通りだ。

   掲載されている記事をさかのぼっていくと、前日の7日に渡部さんは寿司店を訪問し、太巻きとちらし寿司を購入したことを報告しているのが分かる。ちらし寿司の写真を見ると、コハダ、キンメダイ、トロに加えてイクラの姿も見えるなど、その豪華さが伝わってくる写真となっている。見る者の目を奪う実にきらびやかな1枚だが、これを見たJ-CASTニュース記者の脳裏に、ふと、1つの考えがよぎった。それは、「渡部さんのブログに、どれほどの海鮮ネタが登場しているのか」という思いだ。

   そこで、この疑問を解決すべく、渡部さんのブログ(アメーバブログ)に備わっている「このブログを検索する」の機能を使い、この検索欄に魚介類の名前を記入し、その都度検索。渡部さんがどの魚介類に対し、どれほどの件数の記事を掲載しているか、また、その記事の内容からその魚介類をどのような料理で賞味したのかを調べてみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中