2021年 10月 21日 (木)

佐々木朗希が見せた「怪物」の片鱗 中日4番・ビシエドとの「直球勝負」にファン熱狂

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(19)が2021年3月12日、ZOZOマリンスタジアムで行われた中日とのオープン戦に登板した。

   プロ入り後初の実戦登板となった佐々木は2番手として6回のマウンドに立ち、先頭の京田陽太内野手(26)を一ゴロ、続く阿部寿樹内野手(31)を遊ゴロに打ち取った。最後は4番ダヤン・ビシエド内野手(32)を152キロの直球で見逃し三振に切って取り鮮烈デビューを飾った。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

昨年は体力作りに専念して実践登板なし

   先頭・京田に投じた1球目は149キロの直球だった。記念すべき1球目の直球で一ゴロに打ち取った。続く阿部に対しては1球目に149キロの直球、2球目は141キロのスライダー。その後は全て直球で勝負し、5球目となる150キロを詰まらせ遊ゴロに仕留めた。

   4番ビシエドに対しては全て直球で勝負した。

   1球目は内角高めの151キロが外れ、2球目の151キロをビシエドがファール。3球目の真ん中高めの151キロをビシエドが空振りし、続く4球目をファールした。

   そして5球目。佐々木はこの日最速の153キロをマークした。外寄り高めに外れたものの、伸びのある直球は威力十分で、続く外寄りの152キロで見逃し三振に切って取った。

   2019年のドラフト1位でロッテに入団し、昨年は春季キャンプから1軍に帯同するも体力作りに専念したため2軍を含めて実践での登板はなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中