2021年 4月 20日 (火)

「100日後に死ぬワニ」終了1年...「新作4コマ」公開に反響 「もう一周忌か」「色々と切ないな」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ネット上で連日大きな話題を集めるも、作品をめぐる急激な「商業色」の強まりが物議を醸した4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』(きくちゆうき)。

   最終話から1年が経った2021年3月20日、ワニの仲間たちの「その後」を描いた新作の4コマが公開された。ツイッター上では「もう一周忌か」「懐かしいなぁ」などの声が寄せられている。

  • ワニの死から「一年後」新作マンガが公開(100日後に死ぬワニ完結記念サイトより)
    ワニの死から「一年後」新作マンガが公開(100日後に死ぬワニ完結記念サイトより)
  • ワニの死から「一年後」新作マンガが公開(100日後に死ぬワニ完結記念サイトより)

一年前には「100ワニ追悼 POP UP SHOP」を展開

   「100日後に死ぬワニ」(以下、100ワニ)は漫画家のきくちゆうきさんが19年12月12日から自身のツイッターで投稿してきた4コマ漫画。主人公のワニが死ぬまでの100日間、友人や恋人との出会いの中で成長していく姿を描いている。

   日めくり式で伝えられるワニたちの穏やかな日常と、時折訪れる「死」を意識させるような展開に、ネット上では中毒者が続出。注がれる視線は日を追うごとに熱を帯び、やがて「社会現象」と言える状況にもなっていった。

   そして、連載開始から100日目を迎えた20年3月20日。「13コマ漫画」となった最終話は合計70万近いRT、204万いいね(いずれも21年3月21日時点)を集め、ワニの死をもって物語は終幕したかに思えた。

   しかし、連載終了直後に音楽グループ「いきものがかかり」が、100ワニとのコラボ楽曲「生きる」をYouTubeに投稿すると、同日始動した「100日後に死ぬワニ」の公式ツイッターも作品の「書籍化」「映画化」「グッズ・イベントの展開」を発表。最終回を迎えて急激に「商業色」が強まったとして、ファンの間では困惑の声が広がった。

   また、東名阪のロフト3店舗に連載終了翌日から期間限定で出店したポップアップショップの名称「100ワニ追悼 POP UP SHOP」も「ワニが死んだら金になるんか」「いくらなんでも興ざめ感が...」と厳しい指摘を受けることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中