2021年 4月 20日 (火)

スマホを見せて「陰性証明」 ANA実証実験から見えた「ワクチンパスポート」の期待と課題

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの影響で国境を越えた往来が厳しく制限されるなか、PCR検査の「陰性証明書」をスマートフォンのアプリで表示して飛行機の搭乗手続きを行う実証実験が2021年3月29日、国内では初めて羽田空港で行われた。

   今後はワクチン接種の記録を確認できる仕組みもつく予定で、いわゆる「ワクチンパスポート」としての役割を果たすことへの期待も高まる。ただ、自由にワクチン接種が受けられない現在の状況で「ワクチンを打たないと旅行ができない」となれば、不平等感が広がる可能性もある。さらに、ワクチン接種を希望しない人への不利益につながるおそれもあり、運用上の課題も出てきそうだ。

  • 実証実験に協力した乗客(左)が「コモンパス」で「デジタル陰性証明書」を空港係員に見せてチェックインした
    実証実験に協力した乗客(左)が「コモンパス」で「デジタル陰性証明書」を空港係員に見せてチェックインした
  • 「コモンパス」のデモ画面。PCR検査で「陰性」が表示されている
    「コモンパス」のデモ画面。PCR検査で「陰性」が表示されている
  • 実証実験に協力した乗客(左)が「コモンパス」で「デジタル陰性証明書」を空港係員に見せてチェックインした
  • 「コモンパス」のデモ画面。PCR検査で「陰性」が表示されている

今はチェックインと入国時に紙の「陰性証明書」を見せる

   現在、国際線の搭乗には大半の路線でPCR検査の陰性証明書が必要だ。例えば米国に渡航する際には、チェックインの際に紙の証明書を見せ、米国入国時にもランダムで提示を求められる。

   実証実験は、世界経済フォーラム(WEF)と連携して活動している非営利組織「コモンズ・プロジェクト」が開発するアプリ「コモンパス」を使って行われた。アプリでは、事前に指定された医療機関でPCR検査を受けると、その結果をパスポート番号とともに「HL7 FHIR」と呼ばれる国際的な医療データの規格に沿って保存。検査結果が適切な医療機関から発行されたものなのか、渡航先の最新の基準を満たしているかをアプリが自動的に判定する。

   実証実験は、この日の羽田発ニューヨーク行きの全日空(ANA)便が対象。実験に協力した乗客2人がチェックインカウンターでアプリの画面を係員に見せて搭乗手続きを行い、報道陣に対して「非常にスムーズでありがたかった」などと話した。

   世界経済フォーラムでプロジェクト長を務める慶應義塾大学医学部の藤田卓仙(たかのり)特任講師は、

「現状において、なかなか感染の状況が落ち着いていないので、早急に国境を開くという話ではなく、(新型コロナを)うつさない将来に向けて、どのような体制をとればいいか(検討する)」

として、アプリで急速に往来が回復するわけではないと見方を示す一方で、アプリの利点も強調した。

「紙と比べてスムーズに調べられるということと、元のデータと直接つながるということで、より信頼性が高い証明ができるであろうということで、デジタルの優位性はあるのでは」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中