2021年 5月 7日 (金)

フジ系ドラマ、結婚詐欺師役に「小室敬」  まさか狙った?と話題に→局の見解を聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年4月24日放送の「最高のオバハン 中島ハルコ」(フジテレビ系)第3話の登場人物の名前に視聴者がザワついている。

   第3話で、俳優の古澤蓮さん(40)が演じた結婚詐欺師の男の役名が、「小室敬」だったのだ。

  • 「最高のオバハン 中島ハルコ」のサイトから
    「最高のオバハン 中島ハルコ」のサイトから
  • 「最高のオバハン 中島ハルコ」のサイトから

視聴者は「狙ってるとしか思えない」

   ドラマは作家の林真理子さんの小説シリーズ「最高のオバハン」が原作で、主演は俳優の大地真央さん(65)が務める。

   第3話では、美容クリニックを経営する中島ハルコ(大地さん)が紹介した女性医師限定の婚活パーティーに身分を詐称して参加したフードライターの菊池いづみ(松本まりかさん=36)が、結婚詐欺師の男と知り合いひと悶着を迎えるというストーリーが描かれた。

   作品中、結婚詐欺師の男は「精神科医」を名乗っていづみに接近。「小室敬」と書かれた名札を付けて婚活パーティーに参加していたほか、化けの皮がはがれた際には字幕で「結婚詐欺師 小室敬」との表示が出るなどしていた。

   作中では「小室さん」とだけ呼ばれていたため、「敬」を何と読むのかは不明だ。それでも、「こむろけい」とも読める役名について、ネット上では視聴者から「中島ハルコに出てきた結婚詐欺師の名前が小室敬って狙ってるとしか思えない」といった声が噴出してしまったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中