2021年 10月 28日 (木)

懐かし玩具「マジック魔法刀」が製造終了に 「昭和がどんどんなくなっていく」惜しむ声続々

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   懐かしのおもちゃ「マジック魔法刀」の廃番が伝えられ、インターネット上でかつての愛用者から惜しむ声が相次いでいる。

   メーカーは取材に、苦渋の決断の背景を語った。

  • 堀商店提供
    堀商店提供
  • 堀商店提供
    堀商店提供
  • 堀商店提供
  • 堀商店提供

ふじいあきら氏「子どもたちのマジックへの入り口でしたね」

   景品卸の堀商店(名古屋市)は2021年9月21日、ツイッターで「残念なお知らせをしなければなりません」と切り出し、「わんぱくキッズ達を楽しませてくれた『マジック魔法刀』が廃盤商品となってしまいました」(原文ママ)と伝えた。

   マジック魔法刀はナイフを模したプラスチック玩具で、"刃先"に力を加えると引っ込む構造になっている。いわゆるジョークトイだ。

   堀商店によれば、玩具業界の安全基準(ST基準)を満たした商品で、「ナイフの形してるから一見危なそうに見えるのにちゃんとSTまで取得してさ。子ども達の安全を考えたおもちゃだったって事、私は誇りに思うよ」とメーカーを称えている。

   投稿は22日現在で約1万リツイート(拡散)され、「子どもの頃よく遊びました」「祭りのクジ引きの景品だったりしたなぁ」と懐かしむ声や、「昭和がどんどんなくなっていく」「駄菓子屋さんからまた一つオモチャが消える」「舞台の大事な場面で小道具に使わせて頂いたこともある...寂しい...」と惜しむ声であふれている。

   マジシャンのふじいあきら氏も「子どもたちのマジックへの入り口でしたね」とツイッターで回顧した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中